Reuters logo
再送-為替こうみる:FOMCはタカ派的か、ドル高圧力かかりやすい=バークレイズ証 門田氏
2017年3月15日 / 04:24 / 6ヶ月前

再送-為替こうみる:FOMCはタカ派的か、ドル高圧力かかりやすい=バークレイズ証 門田氏

(検索コードを修正しました)

[東京 15日 ロイター] -

<バークレイズ証券 シニア為替・債券ストラテジスト 門田真一郎氏>

今回の米連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げが確実視される中、市場の関心はドットチャートで示される年間の利上げ回数に集まっている。今年は今回を含めて3回とみているが、来年4回に引き上げられる可能性がある。全般的にタカ派色がにじみ、短期的にはドル高の圧力がかかりやすくなると予想する。

米連邦準備理事会(FRB)のタカ派スタンスが米株式の調整につながる可能性もあり、ドル/円については上下双方向に動くリスクがある。

もうひとつ注目されるのはオランダ総選挙だ。極右政党が議席を伸ばせばフランス大統領選挙への影響が懸念されてセンチメントが悪化する可能性もある。出口調査の結果などを見極めたい。

日銀の金融政策決定会合は現状維持が見込まれ、大きなイベントにはならないとみている。春闘の結果を踏まえて黒田東彦総裁がどのようなスタンスを示すのか注目される。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below