Reuters logo
UPDATE 1-中国・香港株式市場・大引け=中国株横ばい、本土の不動産抑制策で香港は反落
2017年3月27日 / 09:00 / 6ヶ月前

UPDATE 1-中国・香港株式市場・大引け=中国株横ばい、本土の不動産抑制策で香港は反落

 (香港株式リポートを追加しました)
    [上海 27日 ロイター] -    
 中国                      終値      前日比          %        始値         高値         安値   売買代金概
                                                                                                         算
 上海総合指数         3,266.9552    - 2.4899      - 0.08  3,268.9240  3,283.2393   3,262.1184    2488.7億元
                                                                                                
 前営業日終値         3,269.4451                                                                 (上海A株
                                                                                                         )
 CSI300指数<.C   3,478.033    - 11.567      - 0.33  3,488.765    3,505.979    3,474.521   
 SI300>                                                                                         
 前営業日終値          3,489.600                                                                
    
 香港                             終値        前日比            %          始値            高値            安値    売買代金概算
 ハンセン指数                 24,193.70      - 164.57        - 0.68    24,235.69       24,434.90       24,138.78          #VALUE!
 前営業日終値                 24,358.27                                                                                          
 ハンセン中国株指数<.HSCE     10,362.02      - 115.79        - 1.11    10,418.65       10,522.64       10,332.50                 
 >                                                                                                                 
 前営業日終値                 10,477.81                                                                                          
 
    中国株式市場は小動きで終了した。この日発表された1─2月の工業部門企業利益は加速したが、商業用不動産の取得に関する取り締まり
強化などへの懸念が楽観論を払しょくした。
    上海総合指数終値は2.4899ポイント(0.08%)安の3266.9552。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数         終値は11.567ポイント(0.33%)
安の3478.033。
    
    コモディティ価格が大幅上昇する中、工業部門企業利益は前年比31.5%増となった。ただ、利益回復はすでに織り込み済みだった。
    中国の規制当局は26日、個人による北京市の商業用新築不動産の取得を停止すると発表した。過熱する不動産市場の鎮静化が狙いで、個
人の商業不動産向けローンも一時的に停止すると発表した。
    長信資産管理のファンドマネジャーであるYe Song氏は年間報告書で、好材料と悪材料が混在しており相場は短期的にボラタイルになるとの
見方を示した。
    大半のセクターが下落した中、消費関連株やインフラ株には利食い売りが出て大幅安となった。半面、銀行株<.CSI
300BI>と運輸株は上昇した。
    
    香港株式市場は反落して引けた。中国の新たな不動産市場抑制策を受けて不動産株が売られた。
    ハンセン指数終値は164.57ポイント(0.68%)安の2万4193.70。
    ハンセン中国企業株指数(H株指数)       終値は115.79ポイント(1.11%)安の1万0362.02。
    本土系不動産開発株は4%超下落。万科企業が約5%安と同セクターの下げを主導した。同社が26日発表した2016年決算は
売上高が過去最高となり、中核利益が19%増加したものの、市場予想を下回った。
    素材株も大きく下げた。中国の鉄鋼・鉄鉱石先物価格は27日、約6週間ぶりの安値を付けた。    

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below