Reuters logo
再送-為替こうみる:ドル110円割れなら下値模索も、政治要因で=ソニーFH 石川氏
2017年4月5日 / 02:32 / 6ヶ月前

再送-為替こうみる:ドル110円割れなら下値模索も、政治要因で=ソニーFH 石川氏

(検索コードを修正しました)

[東京 5日 ロイター] -

<ソニーフィナンシャルホールディングス 為替アナリスト 石川久美子氏>

トランプ米政権の目玉政策の一つで、ハードルが低いとされていたオバマケア(医療保険制度改革)の見直しがいったん頓挫した。ほかの重要政策に対する不透明感から、ドル/円は上値が重く、110円を巡る攻防に入っている。

米国の金融政策に関しては、6月の米連邦公開市場委員会(FOMC)まで間があるため、4月は米中首脳会談や米為替報告書など政治要因がメインとなりそうだ。これらの材料に反応してドルが110円を割り込んだ場合、200日移動平均線のある108円半ばまで下げ余地があるとみている。

一方、米国経済は良好で、トランプ政権の政策への期待も残っている。下方向を攻めきれなかった場合は「思い直しのドル買い」も入りやすい。ただ、具体的な政策が出てこない限り、積極的にドルを買う動きにはならないだろう。

フランス大統領選での波乱には注意が必要だが、4月中のドルは108.50─113.00円で方向感を探る展開となりそうだ。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below