Reuters logo
訂正-〔マーケットアイ〕外為:ドル110円後半でやや強含む、中国主席と「友好関係」と米大統領
2017年4月6日 / 23:46 / 6ヶ月前

訂正-〔マーケットアイ〕外為:ドル110円後半でやや強含む、中国主席と「友好関係」と米大統領

(「ディナーの後」を「ディナーの前」に訂正します。)

[東京 7日 ロイター] -

<8:40> ドル110円後半でやや強含む、中国主席と「友好関係」と米大統領

ドル/円は110.92円付近にじり高。米中首脳によるディナーの前(訂正)のトランプ米大統領の発言が伝わり、ドル/円はやや強含んでいる。

トランプ米大統領は、中国の習近平国家主席と「友好関係」を築いたと発言。長期的に「非常にすばらしい関係」を築けると思うとした。

<8:23> ドル110円後半で小動き、米中首脳会談が友好ムードなら買い戻しも

ドル/円は110.84円付近で小動き。米中首脳会談や米雇用統計を前に動きにくいとの声が聞かれている。

米中首脳会談では、北朝鮮問題と通商問題の扱いに関心が寄せられる。ただ、市場では、いずれも急進展が期待されているわけではないという。

「友好ムードとはいわずとも、ケンカ別れにならなければ、リスクを警戒して売られてきた分の買い戻しが出るのではないか」(国内金融機関)との声が聞かれた。

足元では北朝鮮問題を優先し、通商問題の議論は先送りとなる可能性も意識されている。この場合にも「ひとまず保護主義的スタンスへの過度な警戒感は後退しそうだ」(別の国内金融機関)とされる。

<7:53> ドル110.20─111.50円の見通し、米中首脳会談の行方にらみ

ドル/円は110.85円付近、ユーロ/ドルは1.0641ドル付近、ユーロ/円は117.96円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が110.20─111.50円、ユーロ/ドルが1.0590─1.0710ドル、ユーロ/円が117.30─118.60円とみられている。

きょうは米中首脳会談や米雇用統計といった重要イベントを控えており、内容次第では値幅が拡がる可能性が意識されている。北朝鮮やシリアをめぐる地政学的リスクへの警戒感も高まっており「これらに関連した報道が伝われば動意が出そうだ」(国内金融機関)という。

前日のドル/円は、米中首脳会談や米雇用統計をにらんで上値は限られた。きょうの東京時間もこうした流れを引き継いで目先は動きにくいとされるが「(首脳会談や雇用統計が)インパクトのある結果になったら値幅が拡がる可能性もある」(同)との声も聞かれた。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below