Reuters logo
再送-UPDATE 1-仏総合PMI速報値、4月は57.4に上昇 選挙巡る懸念影響せず
2017年4月21日 / 07:53 / 5ヶ月前

再送-UPDATE 1-仏総合PMI速報値、4月は57.4に上昇 選挙巡る懸念影響せず

(検索コードを追加しました)

* 4月のフランス総合PMI速報値は57.4

* 4月のフランスサービス部門PMI速報値は57.7(予想:57.1)

* 4月のフランス製造業PMI速報値は55.1(予想:53.0)

[パリ 21日 ロイター] - IHSマークイットが21日に発表した4月のフランス総合購買担当者景気指数(PMI)速報値は57.4となり、前月の56.8から上昇した。2011年5月以来、およそ6年ぶりの高水準となった。フランス大統領選の第1回投票直前にも関わらず、減速の兆しは見られない。

景況改善・悪化の分かれ目である50からさらに上放れしたほか、ロイターがまとめたエコノミスト予想の平均である56.2を上回り、エコノミスト予想のうちの最も高い予想値(56.9)をも突破した。

IHSマークイットのチーフエコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は「フランス経済は強さを増しているようだ。選挙を巡る懸念が影響していないのは明らか」と指摘。「企業の多くは、選挙が終わればビジネスの見通しは非常に明るいものになる、と考えている」と述べた。

内訳を見ると、4月のサービス部門PMIは57.7で、前月の57.5から小幅ながら上昇、エコノミスト予想の57.1を上回った。

ユーロ安を受けたフランス製品への需要拡大を背景に、製造業PMIは53.3から55.1に上昇、予想の53.0を大幅に上回った。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below