Reuters logo
UPDATE 1-シドニー株式市場・中盤=ほぼ横ばい、貿易統計で一時下げる
2017年6月8日 / 05:32 / 3ヶ月前

UPDATE 1-シドニー株式市場・中盤=ほぼ横ばい、貿易統計で一時下げる

 (情報を追加しました)
    [8日 ロイター] -       
 豪                 日本時間13時9    前日比      %      始値
                               分                    
 S&P/ASX200      5,674.700   + 7.528  + 0.13  5,667.20
 指数                                                       0
 前営業日終値           5,667.172                            
 
    8日のシドニー株式市場の株価は、ほぼ横ばい。朝方に公表された
低調な貿易統計を投資家筋が消化した。
  S&P/ASX200指数は0305GMT(日本時間午後0時5
分)時点で、0.828ポイント(0.03%)高の5668。前日は
0.274ポイント下げて終了した。
    4月の貿易収支は5億5500万豪ドルの黒字で、市場予想(19
億5000万豪ドルの黒字)を大幅に下回った。前日発表された1─3
月期の国内総生産(GDP)が2009年以来の低い伸びにとどまった
ことに続き、景気鈍化を示唆する内容となった。
    アルゴノートのジェームズ・マッグルー氏は、貿易収支に関して、
循環的な要因だと分析。株価は貿易統計の発表後に若干下げたものの、
その後横ばいに戻した。
    エネルギー銘柄は、オーバーナイトでの原油相場の下落を受けて安
い。ウッドサイド・ペトロリアムは2.1%安。オイル・サー
チは1.6%下げ、約3カ月ぶりの安値を付けた。
    素材株は、鉄鉱石や銅、金の価格下落を受けて売られた。BHPビ
リトンは0.04%安、フォーテスキュー・メタルズ
は3%安。リオ・ティントは小幅高。ニュークレスト・マイニ
ングは1.9%下落し、取引時間中では2週間ぶりの大幅な下
げとなった。
    通信銘柄は、テルストラとTPGテレコムがそれ
ぞれ1.6%余り下落。アルゴノートのマッグルー氏は、テルストラ株
に利食い売りが出たとの見解を示した。
    こうした中、CSLは一時3.2%高と、取引時間中とし
ては約4カ月ぶりの大幅上昇となった。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場
合があります)
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below