Reuters logo
再送-FOMCこうみる:資産縮小による割高資産の調整も=CS証 松本氏
2017年6月15日 / 02:05 / 3ヶ月前

再送-FOMCこうみる:資産縮小による割高資産の調整も=CS証 松本氏

(検索コードを修正して再送します)

[東京 15日 ロイター] - <クレディ・スイス証券 プライベート・バンキング本部CIOジャパン 松本 聡一郎氏>

タカ派な米連邦公開市場委員会(FOMC)を受けて、資産縮小開始をアナウンスする時期の予想を今年の12月から9月に前倒しした。

米経済はしっかりしており、資産縮小が始まっても、ベアマーケットに変わるとはみていない。しかし、量的緩和策を背景にした過剰流動性によって米株やドル建てハイイールド債など一部の資産が割高になっている。これらの調整は警戒すべきだろう。

一方、日本株は割高感に乏しく、欧米株などと比べて出遅れ感もある。景気も悪くない。ドル/円も3カ月後の予想を108円としており、この水準であれば企業業績に大きな悪影響は出ないだろう。ただ、日本経済や日本企業が海外と比べて、より高い成長をみせるという確信は持てていない。米株が調整した場合の日本株に対する悪影響も懸念される。弱気ではないが、強気にもなれず、評価は「ニュートラル」を継続している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below