Reuters logo
再送-東芝取締役会、半導体事業売却の優先交渉先に日米韓連合を選定
2017年6月21日 / 03:30 / 3ヶ月前

再送-東芝取締役会、半導体事業売却の優先交渉先に日米韓連合を選定

(本文中の誤字を修正しました)

[東京 21日 ロイター] - 東芝は21日、取締役会を開き、半導体子会社の売却先として、政府系ファンドの産業革新機構と日本政策投資銀行、米系投資ファンドのベインキャピタルで構成する企業連合を優先交渉先に選定したと発表した。

同社は今月28日開催の株主総会までに最終合意し、各国の競争法など必要な手続きを経て、来年3月末までに売却完了を目指すとしている。

韓国半導体大手のSKハイニックスは同日、同連合に加わっていることを確認した。東芝の広報は、企業連合の構成について、SKハイニックスおよび三菱東京UFJ銀行も資金の貸し手として参加していると認識している、と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below