Reuters logo
UPDATE 1-ソウル株式市場・中盤=ほぼ横ばい
2017年7月5日 / 05:40 / 3ヶ月前

UPDATE 1-ソウル株式市場・中盤=ほぼ横ばい

 (内容を追加しました)
    [ソウル 5日 ロイター] -    
 韓国              日本時間12時5    前日比      %      始値
                             7分                    
 総合株価指数<.KS      2,382.59     + 2.07   + 0.0  2,377.01
 11>                                             9          
 前営業日終値          2,380.52                             
    
    中盤のソウル株式市場の株価は、ほぼ横ばいで推移。前日の北朝鮮によるミサイル発
射を受けて地政学的リスクが高まったが、市場は落ち着いている。
    北朝鮮は、発射した最新の大陸間弾道ミサイル(ICBM)が核弾頭を搭載できると
発表。米国は北朝鮮の核兵器開発を非難し、世界規模の行動を呼び掛けている。
    総合株価指数(KOSPI)       は0305GMT時点(日本時間午後0時5分
)で、前日終値比0.1%高の2382.68。
    KOSPIは前日、取引後半に値下がりし、前日比マイナスで取引を終えた。
  
    ハナ・フィナンシャル・インベストメントのアナリストのキム・ドウン氏は「北朝鮮
のICBM試射の成功は(市場に)ある程度の圧力となる可能性がある。ミサイル技術の
向上を意味するからだ」と指摘。その上で、「過去の発射実験と同じように影響は限定的
だ」と付け加えた。
    キム氏はまた、投資家たちは、市場に大きな影響を及ぼす恐れのある米連邦公開市場
委員会(FOMC)の議事要旨公表や20カ国・地域首脳会議(G20)などのイベント
が終わるまで様子見しそうだと予想した。
    海外投資家は627億ウォン(5458万ドル)の売り越し。
    アモーレパシフィック株は第2四半期の収益予測が弱く2.6%安、現
代自動車 は約2%安。
    値上がり銘柄が381に対し、値下がり銘柄は379だった。

    
 (取引時間中のリポートの表は最新の数値です。文章とは一致しない場合があります)
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below