Reuters logo
東京マーケット・サマリー・最終(8日)
2013年7月8日 / 06:53 / 4年前

東京マーケット・サマリー・最終(8日)

[東京 8日 ロイター] - 
  ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

         ドル/円   ユーロ/ドル   ユーロ/円 
 
   午後5時現在  101.14/16  1.2829/33  129.76/80
  NY午後5時 101.20/24  1.2830/32  129.80/84

  午後5時のドル/円 は、前週末のニューヨーク市場午後5時時点に比べ
若干ドル安/円高の101円前半。早朝から外為証拠金取引に絡んだ買いが流入して10
1.54円まで上昇し、約5週間ぶりの高値をつけた。しかしその後は短期筋の利益確定
売りに押されたほか、本邦輸出勢のドル売りオーダーが意識され、伸び悩んだ。

 レポート全文: 
--------------------------------------------------------------------------------
<株式市場>

 日経平均    14109.34円(200.63円安)
         14109.34円─14497.65円
 東証出来高   32億6427万株
 東証売買代金  2兆5155億円
    
    東京株式市場で日経平均は反落。市場予想を上回る6月米雇用統計を受けた米国株高
やドル高/円安を好感し、朝方は買いが先行した。ただ、全面安となったアジア株が重し
となったうえ、急ピッチな上昇に対する反動などから下げ転換。スタンダード&プアーズ
・レーティングズ・サービシズ(S&P)によるソフトバンク の2段階格下げ
も指数を押し下げた。
    
  東証1部騰落数は、値上がり325銘柄に対し、値下がりが1285銘柄、変わらず
が100銘柄だった。
  
 レポート全文: 
--------------------------------------------------------------------------------
<短期金融市場> 17時20分現在

 無担保コール翌日物金利                0.075%(速報ベース)
 3カ月物国庫短期証券流通利回り            ──         
 ユーロ円3カ月金利先物(2014年6月限)    99.720(─0.005)
                安値─高値     99.715─99.725
    
    無担保コール翌日物金利は0.07%中心での取引。地銀、信託、証券などが主な取
り手。資金調達ニーズは限定的で、調達一巡後の調達希望水準は0.065%に弱含んだ
。レポ(現金担保付債券貸借取引)GCのT+1レートは節目の0.10%を割り、0.
096%と弱含み。日銀が弾力的に国債・国庫短期証券の買い入れオペを打ってくる可能
性が高いとの見方が強まる中、業者の資金ニーズは後退している。6カ月物国庫短期証券
入札の結果は、最高落札利回りが0.0908%となり市場予想と一致した。市場実勢か
ら見ると、やや弱めだが、想定した落札利回りに収まったとの見方が出ていた。
    ユーロ円3カ月金利先物は動意薄。中心限月2014年6月限は前営業日清算値比0
.5ティック安の99.720。

 レポート全文: 
--------------------------------------------------------------------------------
<円債市場> 

 10年国債先物中心限月・9月限(東証)    142.22(─0.33)
                安値─高値   142.12─142.37
 10年最長期国債利回り(日本相互証券引け値) 0.880%(+0.025)
              安値─高値     0.885─0.875%
    
    国債先物は反落。強い内容となった米雇用統計の結果を受けた米債利回り上昇の影響
を受け、売り優勢の展開となった。もっとも、日銀の国債買い入れオペが入ったことで、
需給への不安が後退し、底堅さを見せた。現物債は各ゾーンの利回りに上昇圧力がかかっ
たが、一方的な利回り上昇にはならなかった。今週は入札が流動性供給のみである一方、
きょうを含め日銀オペが複数入る可能性があるため、需給が締まりやすいとの見方が出て
いた。長期金利で0.8%台後半には押し目買いが見られた。超長期ゾーンは弱含みで推
移。あすの流動性供給入札が意識されているとの見方が多く、持ち高調整が続いている。
イールドカーブはスティープ化の形状。
    国債先物中心限月9月限の大引けは、前営業日比33銭安の142円22銭。長期金
利は同2.5bp上昇の0.880%。  

 レポート全文: 
--------------------------------------------------------------------------------
<クレジット市場>

政保債(地方公)10年 3.0─3.5bp 
銀行債(みずほ) 5年 8.0─9.0bp 
地方債(都債) 10年 4.0─5.0bp 
電力債(東電)  5年 210─220bp

  クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場で、ソフトバンク <0#9
98 4=JFI> がワイド化した。プレミアムは210ベーシスポイント(bp)と、前週末の
気配と比べ約20bpの上昇。ワイド化は、スタンダード&プアーズ・レーティングズ・
サービシズ(S&P)による格下げが引き金だが、同社の株価が大幅下落したことも警戒
感を高める要因になったという。

 レポート全文: 
--------------------------------------------------------------------------------
<スワップ市場>
スワップ金利(16時6分現在の気配)

       2年物 0.33%─0.23%
       3年物 0.39%─0.29%
       4年物 0.47%─0.37%
       5年物 0.57%─0.47%
       7年物 0.80%─0.70%
      10年物 1.11%─1.01%

  をクリックしてご覧ください。                  
--------------------------------------------------------------------------------

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below