Reuters logo
ユーロ圏金融・債券市場・終盤=ギリシャ国債利回り急低下、次回融資確保への期待で
2013年7月8日 / 18:35 / 4年後

ユーロ圏金融・債券市場・終盤=ギリシャ国債利回り急低下、次回融資確保への期待で

[ロンドン 8日 ロイター] - 
 (カッコ内は先物が欧州市場の前営業日終値比、現物が前営業日終盤)
先物清算値
  3カ月物ユーロ(9月限)   99.78 (+0.00) 
  独連邦債2年物(9月限)  110.57 (+0.05) <0#FGBS:>
  独連邦債5年物(9月限)  125.89 (+0.20) <0#FGBM:>
  独連邦債10年物(9月限) 141.94 (+0.28) <0#FGBL:>
  独連邦債30年物(9月限) 128.34 (+0.18) <0#FGBX:>
 
現物利回り
  独連邦債2年物       0.096 (0.118)  
  独連邦債5年物       0.612 (0.643)  
  独連邦債10年物      1.698 (1.720)  
  独連邦債30年物      2.494 (2.503)  
    
    
    8日のユーロ圏金融・債券市場では、ユーロ圏財務相会合でギリシャ向け次回融資が
承認されるとの期待感からギリシャ国債の利回りが急低下した。
    欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が欧州議会でECBの政策金利について、「予
見可能な将来」は現行水準かそれを下回る水準で推移するとの立場をあらためて示したこ
とを受け、周辺国の国債利回りが全般的に低下したが、中でもギリシャがアウトパフォー
ムした。
    ただ、ユーロ圏と米国の金利見通しに差が生じる中、ユーロ圏債券市場は当分の間不
安定な展開になるとみられている。
    
    ギリシャ10年債利回り は43ベーシスポイント(bp)低下の10
.98%。
    ポルトガル10年債利回り は24bp低下して6.95%となった。
同国の社会民主党と民衆党は前週末、連立維持に向けた措置で合意した。
    スペイン とイタリア の国債利回りも低下したが、いずれ
も数日中に国債入札を控えていることが一定の重しとなった。
    スペインは当初、週内の債券発行は予定していなかったが、トムソン・ロイター傘下
のIFRによると、シンジケート団引き受け方式で15年債を売り出すことを計画してい
る。
    
    独連邦10年債先物 は28ティック高の141.94で清算。
    INGのシニア金利ストラテジスト、アレッサンドロ・ジアンサンティ氏は「マクロ
面で明るい指標が出るたびに(独連邦債が)売られるだろうが、一方で、特に中銀が拡張
的な金融政策を継続する可能性がある状況では、投資家は独連邦債の売りポジションを抱
えることにはなお消極的だ」と述べた。
    こうした状況を反映し、独連邦債は短期ゾーンがアウトパフォーム。2年債利回りD
E2YT=TWEBが3bp低下の0.09%、5年債利回り もほぼ同じ幅低下し0
.61%となった。10年債利回りは2bp低下の1.70%となった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below