Reuters logo
東京マーケット・サマリー・最終(5日)
2013年8月5日 / 06:39 / 4年前

東京マーケット・サマリー・最終(5日)

[東京 5日 ロイター] - 
  ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>
         ドル/円   ユーロ/ドル   ユーロ/円 
    午後5時現在 98.41/43  1.3287/91  130.77/81
  NY午後5時 98.90/96  1.3278/81  131.41/45
  
    午後5時のドル/円 は、前週末のニューヨーク市場午後5時時点に比べド
ル安/円高の98円前半。短期筋のドル買い戻しや輸入企業のドル買いで99円台に戻し
たものの、日経平均株価 の下げ幅拡大や輸出企業のオファーで上値を圧迫された
。

 レポート全文: 
--------------------------------------------------------------------------------
<株式市場>

 日経平均    14258.04円(208.12円安)
         14225.50円─14370.98円
 東証出来高   19億9669万株
 東証売買代金  1兆6431億円
    
    東京株式市場で日経平均は3日ぶりに反落。一時240円安となる場面があった。前
週末発表の7月米雇用統計を受けて米量的緩和第3弾(QE3)の早期縮小観測が後退し
、外為市場でドル/円 が98円後半まで円高方向に振れ、主力輸出株などを中心に
売りが先行した。日経平均は8月1─2日の直近2営業日で800円近く上昇した反動か
ら、利益確定売りも出たという。円高一服や好業績銘柄の一角への買いで下げ渋る場面も
あったが、戻りは限定的だった。
    
  東証1部騰落数は、値上がり611銘柄に対し、値下がりが1037銘柄、変わらず
が105銘柄だった。
  
 レポート全文: 
--------------------------------------------------------------------------------
<短期金融市場> 17時12分現在

 無担保コール翌日物金利                0.073%(速報ベース)
 3カ月物国庫短期証券流通利回り            ──         
 ユーロ円3カ月金利先物(2014年6月限)    99.745(+0.005)
                安値─高値     99.745─99.750
    
    無担保コール翌日物の加重平均レートは0.073%と前週末(0.072%)から
弱含んだ。主な取り手は地銀、信託、証券など。国債発行要因で当座預金残高が大幅に減
少したが、資金余剰感は引き続き強く、金融機関の資金調達ニーズは限られた。0.07
%を中心に取引され、0.06%台でも出合いを付けた。
   ユーロ円3カ月金利先物は債券高で強含み。中心限月2014年6月限は前営業日清
算値比1ティック高の99.750。

 レポート全文: 
--------------------------------------------------------------------------------
<円債市場> 

 10年国債先物中心限月・9月限(東証)    143.72(+0.36)
                安値─高値   143.56─143.78
 10年最長期国債利回り(日本相互証券引け値) 0.770%(─0.035)
              安値─高値     0.790─0.770%
          本文中のレートも引け値に

    
    国債先物中心限月9月限は前週末比36銭高の143円72銭と反発して引けた。7
月米雇用統計で非農業部門雇用者数が市場予想を下回ったことで、米連邦準備理事会(F
RB)による早期の緩和縮小観測が後退。前週末の海外市場で米債が大きく買われた流れ
を引き継いで、朝方は短期筋による買い戻しが先行した。円高や株安も買いを促した。も
っとも、高値警戒感が浮上する中、上値を買い上がる動きは見られず、日中は高値圏でこ
う着感を強めた。現物市場は長期ゾーンを中心に買い戻しが入った。日銀は対象年限を残
存1年超3年以下、3年超5年以下、10年超の3本に分けて国債買入オペを実施。中期
ゾーンや超長期ゾーンもしっかり。10年最長期国債利回り(長期金利)は同3.5bp
低い0.770%に低下。

 レポート全文: 
--------------------------------------------------------------------------------
<クレジット市場>

 政保債(地方公)10年 4.5─5.0bp
 銀行債(みずほ) 5年 12─13bp
 地方債(都債) 10年 4.5─5.0bp
 電力債(東電)  5年 210─220bp

  クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場で、指標のiTraxxJapa
nシリーズ19 は横ばい。気配は93.5─98ベーシスポイント(bp)
と、前週末の取引(95.5bp)を挟んで推移。週初という要因で動きにくいうえ、夏
季休暇シーズン入りで市場参加者も少なく、株安にも敏感に反応することはなかったとい
う。

 レポート全文: 
--------------------------------------------------------------------------------
<スワップ市場>
スワップ金利(16時7分現在の気配)

       2年物 0.30%─0.20%
       3年物 0.34%─0.24%
       4年物 0.40%─0.30%
       5年物 0.48%─0.38%
       7年物 0.69%─0.59%
      10年物 1.01%─0.91%

  をクリックしてご覧ください。                  
--------------------------------------------------------------------------------

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below