Reuters logo
中国、設備過剰の造船業再構築へ3カ年計画
2013年8月5日 / 05:48 / 4年前

中国、設備過剰の造船業再構築へ3カ年計画

[上海 5日 ロイター] - 中国国務院(内閣に相当)は4日夜、肥大化した造船業を再構築する3カ年計画を明らかにした。

中国は投資主導の経済成長モデルから生産性向上、国内消費拡大に重点を置く方に転換するため、設備過剰な産業の取り締まりに乗り出している。造船業の再構築もその一環で、地方政府に新規プロジェクト認可の停止を促すなどしている。

国務院は2013─15年の3カ年計画で、地方当局および政府が造船施設の新設認可を止めたり、必要な許可を得ずに進められたプロジェクトを停止させて、新たな生産能力を厳しく管理する必要があると指摘。

金融機関に対しては、新たな造船施設を建設しようとする企業への融資をすべて停止するよう要請した。

ただし、リストラやM&A(合併・買収)を進めている造船会社には、資金確保のための社債発行を奨励した。

国務院は7月上旬、需要が低迷し深刻な設備過剰状態にある産業の再編を進める狙いで当該業種に融資しない方針を打ち出した。

中国造船業界は、設備過剰、深刻な新規受注不足、造船価格の下落、海運市況悪化に見舞われ、ここ数年、多くの業者が仕事のない状況に陥っている。

中国船舶工業協会によると、国内主要80造船業者の上半期利益は前年同期から17%減少。

民間最大手の中国熔盛重工集団 は上期が最終損失になる見通しを示し、政府や大株主に金融支援を求めている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below