Reuters logo
NY外為市場=ドルが対円で続落、米FRBの緩和縮小時期に不透明感
2013年8月5日 / 21:44 / 4年前

NY外為市場=ドルが対円で続落、米FRBの緩和縮小時期に不透明感

[ニューヨーク 5日 ロイター] - 
 ドル/円    終値    98.28/30 
         始値    98.56/59 
     前営業日終値    98.90/96 
  
 ユーロ/ドル  終値   1.3258/60
         始値   1.3252/55
     前営業日終値   1.3278/81
 
    
5日終盤のニューヨーク外為市場ではドルが対円で続落し、98円台前半で取引された。
対ユーロでは1.325ドル近辺で推移している。
    前週末の米雇用統計で非農業部門雇用者数が前月比16万2000人増にとどまり、
米連邦準備理事会(FRB)が債券買い入れプログラムの規模を早期に縮小するとの観測
がやや後退した流れを引き継いだ。
    米供給管理協会(ISM)がこの日発表した7月の非製造業部門総合指数(NMI)
は56.0と、3年ぶりの低水準だった前月の52.2から上昇して市場予想を上回り、
サービス業の成長ペースの加速が確認された。このため米経済が下半期に勢いを増すとの
見方が強まり、ドルの下げ幅は限定的だった。
    FRBが9月にも量的緩和策の縮小に乗り出すとの見方が後退したことを受け、ドル
は7月9日の高値から主要通貨に対して3%下落している。先週の米連邦公開市場委員会
(FOMC)では緩和縮小の手掛かりは示されなかった。
    終盤のドル/円 は0.7%安の98.28円で、98.23─99.15円の
狭いレンジでの取引となった。ロイターのデータでは終盤のユーロ/ドル は0.2
%安の1.3258ドル。主要6通貨に対するドル指数 は0.1%安の81.85
5となった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below