Reuters logo
ソニー 、米サード・ポイントの提案を拒否 「娯楽事業100%保有が最善の選択」
2013年8月5日 / 23:39 / 4年前

ソニー 、米サード・ポイントの提案を拒否 「娯楽事業100%保有が最善の選択」

[東京 6日 ロイター] - ソニー は6日、映画・音楽のエンターテインメント事業の一部上場を提言していた米ヘッジファンドのサード・ポイントに対し、提案を拒否する書簡を送付したと発表した。

ソニーはサード・ポイントに対し、取締役会が検討した結果、エンターテインメント事業は「100%保有し続けることが最善の選択であり、ソニーの戦略にとって欠かせないものであるとの結論に至った」と回答。その上で、同事業の情報開示をより充実させていくとしている。

*記事の詳細はこの後送信します。新しい記事には見出しに「UPDATE」と表示します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below