Reuters logo
東京マーケット・サマリー・最終(2日)
2013年10月2日 / 06:59 / 4年前

東京マーケット・サマリー・最終(2日)

[東京 2日 ロイター] - 
  ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>
         ドル/円   ユーロ/ドル   ユーロ/円 
  午後5時現在  97.36/38  1.3526/30  131.70/74
  NY午後5時 98.00/02  1.3524/27  132.51/55
    
    午後5時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル安/円高の97
円前半。この日も米暫定予算案をめぐる協議に進展はみられず、市場は次第に疲労感を募
らせている。日経平均株価 が下げ幅を拡大させる中で、クロス円、ドル/円とも
に上値の重い展開となった。

 レポート全文: 
--------------------------------------------------------------------------------
<株式市場>

 日経平均    14170.49円(314.23円安)
         14114.54円─14569.20円
 東証出来高   29億0154万株
 東証売買代金  2兆4059億円
    
    東京株式市場で日経平均は大幅反落。終値は前日比314円安で9月6日以来の安値
水準となった。米政府機関の一部閉鎖が短期間にとどまるとの見方から前日の米国株が反
発した流れを引き継ぎ、朝方は買いが先行した。だが、米財政問題やイタリア政局不安な
ど海外要因が引き続き重しとして意識されたほか、国内では経済対策の発表で材料出尽く
し感も広がり、後場に入って先物主導で下げ幅が拡大する展開となった。
    
  東証1部騰落数は、値上がり205銘柄に対し、値下がりが1502銘柄、変わらず
が45銘柄だった。
  
 レポート全文: 
--------------------------------------------------------------------------------
<短期金融市場> 17時09分現在

 無担保コール翌日物金利                0.068%(速報ベース)
 3カ月物国庫短期証券流通利回り            ──         
 ユーロ円3カ月金利先物(2014年6月限)    99.775(+0.005)
                安値─高値     99.770─99.775

    
    無担保コール翌日物金利は0.065%中心での取引。主な取り手は地銀・信託など
。法人税揚げ日だが、国立大学の運営費の交付、日銀の国債買い入れオペのスタート日と
なるため、当座預金残高は増える方向となり、引き続き資金余剰感は強かった。レポ(現
金担保付債券貸借取引)GCレートは発行要因で強含み。6カ月物の東京銀行間取引金利
(TIBOR)が引き続き低下基調。
    ユーロ円3カ月金利先物は債券高などを手掛かりに強含む場面があったが、明確な方
向感は出なかった。中心限月2014年6月限は99.775。

 レポート全文: 
--------------------------------------------------------------------------------
<円債市場> 

 10年国債先物中心限月・12月限(東証)   144.35(+0.12)
                安値─高値   144.22─144.42
 10年最長期国債利回り(日本相互証券引け値) 0.640%(─0.015)
              安値─高値     0.650─0.640%
    
    2日の国債先物は続伸。1日の米債市場が底堅い製造業統計や株高などが影響し軟化
。この流れを引き継いで売り先行で始まった。ところが、期初の好需給が意識され、買い
戻しが間を置かずに入った。後場も円高/株安を手掛かりとした買いが優勢で上値追いと
なる場面があった。現物債は長いゾーンを中心に利回りに低下圧力がかかった。銀行勢が
超長期ゾーンを買い進んだとの観測が出ていたほか、長期ゾーンは先物主導で強含みで推
移した。20年146回債利回りは一時前営業日比3.5bp低い1.510%、30年
40回債利回りは一時同4bp低い1.640%に低下。20年債は5月9日以来、30
年債は5月8日以来の低水準になった。イールドカーブはブルフラット化の形状。日銀が
きょうオファーした国債買い入れオペに関しては、残存5年超10年以下がほぼ市場実勢
に収まった。
    国債先物中心限月12月限の大引けは、前営業日比12銭高の144円35銭。10
年最長期国債利回り(長期金利)は同1.5bp低い0.640%と5月10日以来の水
準に低下した。

 レポート全文: 
--------------------------------------------------------------------------------
<クレジット市場>

 政保債(地方公)10年 4.0─4.5bp
 銀行債(みずほ) 5年 12─13bp
 地方債(都債) 10年 4.5─5.0bp
 電力債(東電)  5年 280─310bp

  クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場で、指標のiTraxxJapa
nシリーズ20 は動意薄。気配は91─95ベーシスポイント(bp)と、
前日引け(95.75bp)と比べてやや低めの水準が示された。米財政問題をめぐる協
議の行方が依然として不透明なものの、暫定予算案、債務上限引き上げはいずれ片付けな
ければならなくなるとの見方もあり、極端な警戒からリスクオフに動くことはなかったと
いう。

 レポート全文: 
--------------------------------------------------------------------------------
<スワップ市場>
スワップ金利(16時57分現在の気配)

       2年物 0.29%─0.19%
       3年物 0.32%─0.22%
       4年物 0.37%─0.27%
       5年物 0.43%─0.33%
       7年物 0.59%─0.49%
      10年物 0.86%─0.76%

  をクリックしてご覧ください。                  
--------------------------------------------------------------------------------

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below