Reuters logo
東京マーケット・サマリー・最終(14日)
2014年7月14日 / 06:48 / 3年前

東京マーケット・サマリー・最終(14日)

[東京 14日 ロイター] - 
  ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>
    
           ドル/円   ユーロ/ドル   ユーロ/円 
    午後5時現在 101.46/48  1.3633/37 138.33/37
  NY午後5時 101.32/33 1.3606/11 137.78/82

    午後5時のドル/円は、前週末ニューヨーク市場午後5時時点に比べ若干ドル高/円
安の101円前半。日経平均の上げ幅拡大を好感してじり高だが、米連邦準備理事会(F
RB)のイエレン議長の議会証言を控え、様子見気運が広がった。自民党にとってネガテ
ィブな結果となった滋賀県知事選は、材料視されなかった。
    
 レポート全文: 
-------------------------------------------------------------------------------
<株式市場>

 日経平均    15296.82円(132.78円高)
         15179.49円─15324.95円
 東証出来高   19億2669万株
 東証売買代金  1兆5457億円
    
    東京株式市場で日経平均は6日ぶりに反発。一時、1万5300円台を回復する場面
があった。前週末の米国株高を好感したほか、日経平均は前週末にかけて5日続落となっ
ており、値ごろ感が出たことで押し目買いも入った。先物主導で後場一段高となったが、
東証1部の売買代金は1兆5457億円と低水準にとどまり、市場では早くも「夏枯れ」
を指摘する声が出ている。

  東証1部騰落数は、値上がり1361銘柄に対し、値下がりが358銘柄、変わらず
が96銘柄だった。
  
 レポート全文: 
-------------------------------------------------------------------------------
<短期金融市場> 17時14分現在

 無担保コール翌日物金利                0.066%(速報ベース)
 3カ月物国庫短期証券流通利回り            ──         
 ユーロ円3カ月金利先物(2014年12月限)   99.815(変わらず)
                安値─高値     99.810─99.815

  無担保コール翌日物金利の加重平均レートは、速報ベースで0.066%と前週末(
0.065%)から強含んだ。朝方から地銀、信託、証券を主な取り手に、0.061─
0.065%を中心に取引された。大手行は0.063%で出合った後、レートを切り下
げた。国債発行要因などで資金需給は大幅な不足となったが、高水準の当座預金残高に変
わりはなく、資金ニーズは限られた。ユーロ円3カ月金利先物は材料難で閑散小動き。

 レポート全文: 
-------------------------------------------------------------------------------
<円債市場> 

 10年国債先物中心限月・9月限(東証)        145.85(─0.10)
                 安値─高値   145.80─145.97
 10年最長期国債利回り(日本相互証券引け値)  0.535%(+0.005)
                 安値─高値   0.540─0.535%

    国債先物中心限月9月限は前営業日比10銭安の145円85銭と反落して引けた。
前週末にかけての堅調地合いで高値警戒感が浮上する中、短期筋による利益確定売りが先
行。日経平均が反発したことも上値を重くする要因となった。一方で良好な需給環境が相
場を下支えし、底堅さも見せた。    
    現物市場は中長期ゾーンを中心に利回りが上昇。 前週に一気に買われた反動から銀
行勢などの益出しが優勢だった。中期ゾーンは5年債入札を控えて調整圧力で上値を重く
した。10年最長期国債利回り(長期金利)は0.535%に上昇した。

 レポート全文: 
-------------------------------------------------------------------------------
<CDS市場>

  クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場で、指標のiTraxxJapa
nシリーズ21は今週、タイトな水準でもみ合う見通し。足元の指数はシリーズ21とし
て最低値となる63bp付近で推移している。米指数や日米株価推移をにらむとともに、
米企業決算の内容を確認する必要が出ているほか、14―15日開催の日銀金融政策決定
会合、15日のイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言、16日発表の46
月期の中国国内総生産(GDP)など、国内外のイベントを見守る展開となりそうだ。

 レポート全文: 
-------------------------------------------------------------------------------
<スワップ市場>
スワップ金利(17時29分現在の気配)

       2年物 0.21%─0.11%
       3年物 0.22%─0.12%
       4年物 0.25%─0.15%
       5年物 0.29%─0.19%
       7年物 0.45%─0.35%
      10年物 0.73%─0.63%

 レポート全文: 
-------------------------------------------------------------------------------

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below