Reuters logo
日立の4─6月期営業益は+44.5%、半導体製造装置や空調など好調
2014年7月31日 / 11:18 / 3年前

日立の4─6月期営業益は+44.5%、半導体製造装置や空調など好調

[東京 31日 ロイター] - 日立製作所 が31日発表した2014年4─6月期連結決算は、本業のもうけを示す営業利益が前年比44.5%増の801億円となった。半導体製造装置などの電子装置・システムが好調だったほか、空調などの生活・エコシステムも利益を押し上げた。

電子装置・システムの営業利益は前年同期の3億円から129億円に拡大。生活・エコシステムの営業利益も前年比3倍の85億円に伸びた。自動車向けのオートモーティブやエレベーターなどの社会・産業システム、情報・通信システムも堅調だった。

一方、電力システムは足を引っ張った。火力発電システムを三菱重工業 と統合した影響や「欧州でボイラーのトラブルが発生した」(中村豊明副社長)こともあり、営業赤字が前年同期の58億円から155億円に拡大した。

通期の営業利益予想は同5.1%増の5600億円で据え置いた。トムソン・ロイターのスターマイン調査によるアナリスト20人の予測平均値は6027億円で、会社予想は市場予想よりも保守的な数字となっている。 (志田義寧)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below