Reuters logo
東京外為市場・午後3時=ドル102円後半、実需の売買きっ抗し値幅が出ず
2014年7月31日 / 06:37 / 3年前

東京外為市場・午後3時=ドル102円後半、実需の売買きっ抗し値幅が出ず

[東京 31日 ロイター] -   
          ドル/円   ユーロ/ドル   ユーロ/円 
    午後3時現在 102.73/75 1.3396/00 137.63/67
  正午現在   102.75/77 1.3398/02 137.67/71
  午前9時現在 102.84/86 1.3393/97 137.74/78
  NY午後5時 102.78/80 1.3396/98 137.68/72

    午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク時間午後5時時点に比べ若干ドル安/円高
の102円後半。月末のフローが中心の相場となって実需筋の売買がきっ抗し、値動きは
小幅にとどまった。投機筋はあすに米雇用統計発表を控えて、ポジション調整に終始した
。

    月末に当たるこの日は、実需のフロー中心の取引となった。値動きは小さいが「ボリ
ュームはそこそこ出ている」(邦銀)といい、輸出企業や短期筋のドル売りと輸入企業の
ドル買いがぶつかり、きっ抗した。
    午後に入って日経平均株価が前日比でマイナス圏に入ると、ドルの上値が徐々に重く
なった。ただ、米雇用統計発表を見据えて102.50円の水準まで値を下げれば「押し
目を買いたい向きも少なくないようだ」(別の国内金融機関)との指摘もあり、ドルの下
値リスクは目先は限定的とみられる。
    
    <ドル高は続くか>

    米4─6月期国内総生産(GDP)速報値が市場予想から上振れたことを好感してド
ル/円が大幅に上昇したことから、中期的な上昇基調に復帰したとの見方が出ている。
    シティグループ証券の高島修チーフFXストラテジストは「テクニカル、ファンダメ
ンタルズの両面で、ドル高/円安が中期的にトレンド化する条件が整った」と指摘する。
  目先は年初来下げ幅の半値戻しとなる103.10円付近を達成した後の調整局面が
あるとみるが、「10月ごろに107─108円の水準を目指す上昇基調に復帰したので
はないか」と同氏は言う。
    
    通貨オプション市場では、ドル/円のリスクリバーサル(RR)25%デルタが、足
元から2カ月物までミドルレートでドルコールオーバーに転じた。
    ベンチマークとなる1カ月物ドル/円RRは、昨年11月末にドルコールオーバーか
らドルプットオーバーに転換し、ドル下落を見込んだオプションのポジションが8カ月間
継続していた。しかし、同RRは前日、1週間物、2カ月物と同様に、ドルコールオーバ
ーに転換し、現在に至っている。
    リスクリバーサルの価格が直接的な形でスポット相場に影響することはないとみられ
るが、市場のセンチメントとしては、ドル安警戒感が後退し、短期的には、ドル高に備え
る動きが確認できる。

    一方、市場の一部では、当面はドル102円台を軸に推移するとの見方が出ている。
ドルは前日海外時間に103円台に上昇したが、「最近の101─103円のレンジをき
れいに脱け出したわけではない。一本調子で104─105円に上昇するとは想定しにく
い」(国内金融機関)という。
    GDP速報値を好感して米10年債利回り は上昇したものの、2.5%
台後半にとどまった。「ドル/円が一段高になるには2.7%─2.8%は必要」(別の
国内金融機関)との指摘がある。みずほ証券の鈴木健吾チーフFXストラテジストは「陽
線が9日連続となっており、過熱感が出ているのではないか」とみている。102円後半
の現行水準では調整が入りやすいという。
    
    <米雇用関連指標>
    
    この日は7月26日に終了した週の米新規失業保険申請件数が発表される予定で、関
心が集まっている。
    前週の同申請件数は28.4万件と市場の予想以上に減少し、2006年2月以来の
低水準となった。労働市場のすう勢をより正確に反映するとされる4週間移動平均も20
07年5月以来の水準に減少し、労働市場の引き締まりを裏付ける結果となった。
    「きょうの数字が前週と同じ程度に少なければ、ドルの下値リスクは一段と後退する
だろう」(外銀)という。
    
    前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)声明では、あらためて労働市場のスラック
(需給の緩み)への警戒感を強調するなど慎重な見方が示されたが、「雇用統計が強い結
果になって米景気自体が順調に回復していることが確認できれば、ドルの買い安心感は高
まりやすい」(邦銀)との指摘がある。
    

 (森佳子)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below