Reuters logo
UPDATE 1-米金融・債券市場=国債価格が安定推移、月末の調整で
2014年7月31日 / 21:18 / 3年前

UPDATE 1-米金融・債券市場=国債価格が安定推移、月末の調整で

(内容を追加し、レートを更新しました)
    [ニューヨーク 31日 ロイター] -     
    30年債 
    米東部時間17時05分    101*01.50=3.3192%
       前営業日終盤       101*05.00=3.3135%
    
    10年債 
    米東部時間17時05分     99*15.00=2.5615%
     前営業日終盤        99*15.50=2.5596%

    5年債 
    米東部時間17時05分     99*12.00=1.7562%
     前営業日終盤        99*09.75=1.7709%
    
    2年債 
    米東部時間16時43分      99*30.00=0.5315%
     前営業日終盤       99*28.25=0.5590%
    
    
    31日の米金融・債券市場では国債価格がおおむね安定して推移。一時的に売りが先
行したものの、月末の調整で低リスク資産を物色する動きが下支えとなった。
    前日の第2・四半期国内総生産(GDP)速報値の上振れに続き、この日は第2・四
半期の雇用コスト指数が前期比0.7%上昇と、2008年第3・四半期以来、約5年半
ぶりの高い伸びを記録、賃金・給与も同時期以来の高い伸びとなり、国債相場は当初、軟
調地合いを引きずる展開となった。
    ただその後は、月末の調整に伴い、株を売って債券を買う動きが強まり、国債相場は
安定した。
    10年債 はほぼ変わらず。利回りは2.56%。一時2.61%と7月
8日以来の水準に上昇した。
    市場では翌日の雇用統計に注目が集まっている。7月の非農業部門の雇用者数は23
万3000人増が見込まれている。
    雇用コスト指数の上昇を受け、市場では米連邦準備理事会(FRB)による早期利上
げの観測も一部で広がった。
    5年債と30年債の利回り格差 は156ベーシスポイント(bp)と
、前日つけた5年ぶり低水準である149bpから拡大した。
    モルガン・スタンレーがまとめたFRBの利上げ開始時期に関する指数は前日、利上
げが1年以内に行われる可能性を示した。
    
    Tボンド先物9月限 は3/32安の137─13/32。
    Tノート先物9月限 は1.50/32安の124─19.50/32。
    
    <ドル・スワップスプレッド>    
                                           LAST      Change
U.S. 2-year dollar swap spread            19.50     (+1.00)
U.S. 3-year dollar swap spread            19.75     (+1.00)
U.S. 5-year dollar swap spread            12.75     (+1.25)
U.S. 10-year dollar swap spread           13.50     (+0.75)
U.S. 30-year dollar swap spread           -2.25     (+0.25)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below