Reuters logo
〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ一服、トヨタは2%超安
2016年6月27日 / 02:11 / 1年前

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ一服、トヨタは2%超安

[東京 27日 ロイター] -

<11:04>  日経平均は上げ一服、トヨタは2%超安

日経平均は上げ一服。1万5200円近辺での値動きとなっている。東証1部銘柄の8割近くが値上がりするなか、トヨタ は下げ幅を拡大。前週末比2%超安となっているほか、村田製作所 が3%超安となるなど電機・電子部品関連も軟調に推移している。「前週末の株価急落で深い傷を負った機関投資家も多い。上昇局面ではしばらく益出しの売りが出やすいうえ、市場心理の回復には相当な時間が必要」(外資系証券)との声が出ている。

<10:04>  日経平均は戻り歩調、ディフェンシブ系が堅調

日経平均は戻り歩調、1万5200円台で推移している。医薬品、食料品が堅調持続。市場では「為替の先行きが予想できず、輸出企業はバリュエーションでの投資が行いにくい。短期的なリスク量の圧縮は進んだようだが、当面はディフェンシブ銘柄中心のリスク回避的な物色にならざるを得ない」(国内証券)との声が出ている。

<09:09>  寄り付きの日経平均は大幅反発し200円超高、内需関連買い戻し

寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は、前営業日比201円06銭高の1万5153円08銭となり、大幅に反発して始まった。前週末の急落の反動で買い戻しが先行。食料品など内需関連株の上げが目立つ。一方、トヨタ自動車 など外需関連の一角は軟調な滑り出し。英国の欧州連合(EU)離脱に伴う不透明感を引き続き嫌気した動きとなっている。マツダ など欧州関連株の下げもきつい。業種別では証券業の下落も顕著となっている。

<08:35>  寄り前の板状況、トヨタは売り優勢

市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車 、ホンダ 、パナソニック が売り優勢。キヤノン 、ソニー は売り買いが拮抗している。

指数寄与度の大きいファーストリテイリング は買い優勢。ファナック は売り買い拮抗。

メガバンクは三菱UFJフィナンシャル・グループ 、みずほフィナンシャルグループ が売り優勢。三井住友フィナンシャルグループ は売り買い拮抗となっている。

(ロイター日本語ニュース 金融マーケットチーム E-mail:scoopeqt@thomsonreuters.com 電話:03-6441-1787)

関連データ:東証第1部出来高上位30銘柄,東証第1部値上がり率上位30銘柄,東証第1部値下がり率上位30銘柄,日経平均株価, TOPIX(東証株価指数),TOPIX CORE30,JPX日経インデックス400,日経ジャスダック平均株価,東証マザーズ指数,日経225先物<0#JNI:>,SGX日経225先物 <0#SSI:>,TOPIX先物<0#JTI:>,日経225オプション, 株式関連指標の索引ページ

関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)、ウォッチリストアクティビティはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl:/%2Fapps.cp./Apps/PULSE をクリック

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below