Reuters logo
台湾株式市場・午前=続落、英EU離脱めぐり不透明感
2016年6月27日 / 02:56 / 1年前

台湾株式市場・午前=続落、英EU離脱めぐり不透明感

[台北 27日 ロイター] - 
  加権指数        前営業日比    売買代金
    0247GMT 8449.83     27.16安    327.8億台湾ドル
    寄り付き    8406.29     70.70安
  前営業日終値  8476.99  199.69安
    
    週明け27日午前の台湾市場の株価は続落。英国の欧州連合(EU
)離脱決定が世界の需要に与える影響をめぐり、引き続き警戒感が広が
っている。
    台湾の景気が依然低迷する中、英国のEU離脱決定が世界市場に与
える影響、最終需要への波及をめぐる新たな不透明感が、台湾にとって
の中心的な懸念となっている。
    0130GMT(日本時間午前10時30分)時点で加権指数<.TW
II>は前週末終値比0.6%安の8426.47となっている。前週末
24日は2.3%安と、年初来で2番目の大きさとなる下げを記録した
。
    電子製品指数 は0.5%安、金融保険指数 は1.6
%安。
    活発に取引されている銘柄では、中華航空 が1.8%安
。先週の労組側のストライキが終了し、運航は徐々に正常化しつつある
。同航空の推計によると、ストで2万人超に影響が及び、少なくとも1
億6000万台湾ドルの収入が失われたという。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below