Reuters logo
シドニー外為・債券市場=豪ドルとNZドルやや強含み、米大統領選にらみ
2016年10月10日 / 03:02 / 1年前

シドニー外為・債券市場=豪ドルとNZドルやや強含み、米大統領選にらみ

[シドニー/ウェリントン 10日 ロイター] - 週明けのオセアニア外国為替市場では、日本が祝日のため薄商いのなか、豪ドルとニュージーランド(NZ)ドルはやや強含みで推移している。米大統領選の候補者討論会の結果を見極めたいとのムードが強い。

豪ドル は0.76米ドル付近と、7日つけた2週間ぶりの安値0.7553米ドルから持ち直した。NZドル は7日の0.7110米ドルから小幅に上昇し、0.7166米ドルをつけた。

コモンウェルス銀行(CBA)のシニア外為ストラテジスト、エリアス・ハダード氏は「ドナルド・トランプ氏が(討論会で)優位となれば、トランプ氏が本選で勝利する可能性が高まり、米ドルは大半の主要通貨に対して上昇するだろう」と指摘。「というのは、トランプ氏が掲げる経済政策はインフレ率を押し上げるものであり、米連邦準備理事会(FRB)はより速いペースでの利上げを迫られるからだ」と述べた。

ポンド は対豪ドルで1.6361豪ドルと、依然として軟調に推移。7日には1.5582豪ドルに落ち込んだ。英国が欧州単一市場へのアクセスを失う「ハードブレグジット」への懸念が広がり、ポンドは先週は3%安と、7月以来の大幅な下落を記録していた。

豪国債先物は全般に軟調となっている。3年物 は1ティック下落し98.390、10年物 は0.5ティック安の98.8550。20年物 は0.5ティック上昇の97.2600。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below