Reuters logo
為替こうみる:ドル/円は週末にかけて緩やか上昇も=ソニーFH 尾河氏
2016年10月11日 / 01:56 / 1年前

為替こうみる:ドル/円は週末にかけて緩やか上昇も=ソニーFH 尾河氏

[東京 11日 ロイター] - <ソニーフィナンシャルホールディングス 金融市場調査部長 尾河眞樹氏>

先週末からの一連のイベントは、総じてドル/円の支えになりそうだ。今週のレンジは103.00―104.80円とみている。

米雇用統計は、市場予想を下回ったことでいったん102円後半まで下落したが、平均時給や労働参加率に改善がみられており、悪い内容ではないとの受け止めが広がった。

市場の織り込みでは、11月の利上げの思惑は後退したものの、もともと期待されていなかったため相場には影響しない。一方、12月利上げの思惑は着実に高まってきている。今週は米小売売上高も底堅い内容とみられている。

雇用関連指標の推移は6月以降、去年に似た動きとなっている。先行き10─11月がよほど悪い内容にならなければ、昨年同様12月に利上げされる確率は高いだろう。今週に予定されるイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長講演に向けても、利上げに前向きな発言への思惑が出るのではないか。

米大統領選挙の討論会では、トランプ氏の劣勢は変わらなかった。米共和党の要人たちも半ばさじを投げており、情勢は厳しそうだ。メキシコペソは米大統領選の動向に敏感な反応を示してきたが、足元では堅調に推移している。これもドル/円の支援材料になるだろう。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below