Reuters logo
再送-為替こうみる:FOMC議事要旨で年内利上げじわり織り込み=三井住友信託銀 瀬良氏
2016年10月13日 / 01:27 / 1年前

再送-為替こうみる:FOMC議事要旨で年内利上げじわり織り込み=三井住友信託銀 瀬良氏

(検索コードを修正しました)

[東京 13日 ロイター] -

<三井住友信託銀行 マーケット・ストラテジスト 瀬良礼子氏>

9月米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨はほとんどサプライズのない内容で、ドル/円や債券市場の反応は限定的だった。株価は、ニューヨーク市場は小幅高で終わったが、発表時にはやや売られた。足元でも先物が弱含んでいる。金融市場全般では、じわりと利上げを織り込む動きといっていいだろう。

議事要旨で示されたのは、9月に利上げに乗り出すかどうかの議論が拮抗(きっこう)し、見送りの判断はギリギリだったことなどで、FOMC後に伝わった複数の米連邦準備理事会(FRB)高官らの発言と概ね整合している。

今後12月FOMCに向けては、徐々に利上げを織り込みながらドル/円も上昇していくとみられる。この際、7月高値107.49円がひとつの節目になりそうだが、来年以降の追加利上げの展望が開けない限り、さらに上回ってしっかり110円に乗せるような展開は想定しにくい。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below