Reuters logo
インド株式市場・中盤=小幅高、インフォシスは急落
2016年10月14日 / 07:16 / 1年前

インド株式市場・中盤=小幅高、インフォシスは急落

[14日 ロイター] - 
 インド             日本時間15時45    前日比       %       始値   出来高概
                    分                                                   算
 SENSEX指数<       27,665.35   + 22.24   + 0.08  27,712.22   1.20億株
 .BSESN>                                                          
 前営業日終値            27,643.11                                         
                    日本時間16時0     前日比       %       始値   出来高概
                    分                                                   算
 NSE指数               8,579.60    + 6.25   + 0.07   8,594.00           
 前営業日終値             8,573.35                                         
    
    中盤のインド株式市場は小幅高。9月のインド消費者物価指数(CPI)上昇率が2
015年8月以来の低水準となったことを受けて、追加利下げ観測が浮上しており、金融
株が買われている。
    ただ、情報技術(IT)大手のインフォシス は一時5.3%下落し、20
15年7月20日以来の安値を付けた。先行き不透明感を理由に通期の売上高予想を下方
修正したことが嫌気されている。下方修正は過去3カ月で2度目。
    SENSEX指数(ムンバイ証券取引所に上場する30銘柄で構成) は日本
時間15時45分時点で22.24ポイント(0.08%)高の2万7665.35。
    NSE指数(ナショナル証券取引所に上場する50銘柄で構成) は日本時間
16時0分時点で6.55ポイント(0.08%)高の8579.90。    
    ICICI証券のリサーチ担当者は「インフレ率が低下しており、私は25ベーシス
ポイント(bp)の利下げを予想している。12月ではなくても、来年3月には確実に利
下げがある」と述べた。
    インドステイト銀行(SBI) が1%高。パンジャブ・ナショナル銀行<PNB
K.NS>が1.45%高。
    IT大手タタ・コンサルタンシー・サービシズ は一時2.4%高。7─9月
期決算が8%の増益と、市場予想を上回った。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below