Reuters logo
シドニー外為・債券市場=豪ドル、1カ月ぶり安値から回復
2016年11月15日 / 03:12 / 10ヶ月前

シドニー外為・債券市場=豪ドル、1カ月ぶり安値から回復

[シドニー/ウェリントン 15日 ロイター] - オセアニア外国為替市場で豪ドルは、1カ月ぶり安値から回復。商品価格の上昇が支援材料となっている。

豪中銀がこの日発表した11月理事会の議事要旨では、今後、物価が上昇するとの見通しが示された。市場では当面利下げはないとの見方が広がっている。

議事要旨の公表後、豪ドルは1豪ドル=0.7582米ドルまで上昇。前日は10月13日以来の安値となる0.7524米ドルまで下落していた。

CommSecのチーフエコノミスト、クレイグ・ジェームズ氏は「インフレに対する中銀の姿勢に明らかな変化がみられる。金利環境は、来年に入ってもかなりの期間、変わらないだろう」との見方を示した。

中銀のロウ総裁は、この日メルボルンで講演する。市場では、トランプ次期米大統領の選挙公約が米国の物価や金利にどう影響するのか、総裁の見解を知りたいとの声が出ている。

ニュージーランドドル は1NZドル=0.7114米ドル。前日の1カ月ぶり安値0.7070米ドルから上昇している。

ニュージーランドでは前日、大規模な地震が発生。南島の輸送システムに大きな被害が出た。復興には25億NZドル(17億8000万ドル)かかるとの試算もある。

ASBのチーフエコノミスト、ニック・タフレー氏は「地震の影響で、物価が上昇する公算が大きい」と指摘。予想以上に経済が混乱すれば、来年の追加利下げの確率が低下する可能性もあるとの見方を示した。

豪債先物は下落。3年債 は2ティック安の98.160、10年債 は0.5ティック安の97.37。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below