Reuters logo
〔マーケットアイ〕株式:新興株はしっかり、大型株の上昇一服で一部資金向かう
2016年11月15日 / 06:11 / 10ヶ月前

〔マーケットアイ〕株式:新興株はしっかり、大型株の上昇一服で一部資金向かう

[東京 15日 ロイター] -

<15:04>  新興株はしっかり、大型株の上昇一服で一部資金向かう

新興株式市場はしっかり。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数ともに続伸した。「大型株の上昇が一服した分、新興株に資金の一部が向かった」(国内証券)という。東証マザーズの売買代金は前営業日比69%増の821億円と回復した。

個別銘柄では、そーせい やメタップス 、平田機工 などが堅調。半面、2017年9月期の最終赤字見通しを発表したブランジスタ は大幅安となった。

<14:21>  日経平均は小幅安、海外ロングマネーの流入続く

日経平均は小幅安。1万7600円台半ばでもみ合っている。TOPIXは前日終値を挟んで一進一退となっている。

市場では「海外短期筋から利益確定の売りも出ているが、海外年金などロングマネーの流入は続いている。いったん小幅な調整局面をこなし、年内にも日経平均の1万8000円回復が視野に入る」(外資系証券)との声が出ている。

<12:50>  日経平均は下げ渋る、メガバンクが一段高

日経平均は下げ渋り、1万7600円台半ばで推移している。銀行株が一段高。三菱UFJFG 、三井住友FG は上昇率が5%を超えている。サービス、陸運などはさえない。市場では「順調に利益確定売りをこなしているが、新興国市場の動向などを考えると買い上がる環境でもない」(国内証券)との声が出ている。

<11:38>  前場の日経平均は小反落、短期的な過熱感を意識

前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比26円11銭安の1万7646円51銭と小幅に反落した。朝方は為替が1ドル108円台前半まで円安に振れたことを背景に輸出株などに買いが先行。取引時間中としては2月2日以来約9カ月半ぶりに1万7700円台を回復した。だが、円安が一服すると先物主導で下げに転じた。短期的な過熱感も意識されたが、TOPIXは前場プラス圏で引けるなど底堅さは維持した。

日経平均の25日移動平均線とのかい離率がプラス3%を超えた状態で始まり、全体は過熱感が警戒されたものの、三菱UFJ などのメガバンクが売買高を伴って上昇。トヨタ 、三井不動産 など、主力株の一角には買いが継続した。市場では「米トランプ次期政権に移行するまでの空白期間を狙った短期売買が活発化しているが、新政権関係者による円安けん制発言が出た場合の為替の動きには注意が必要だろう」(内藤証券投資調査部部長の浅井陽造氏)との声が出ていた。

東証1部騰落数は、値上がり677銘柄に対し、値下がりが1146銘柄、変わらずが161銘柄だった。

<11:02>  日経平均は軟調もみ合い、メガバンクは活況

日経平均は軟調もみ合い、1万7600円台前半で推移している。三菱UFJFG 、三井住友FG が商いを伴い一段高。市場では「全体は上昇一服だが、ウエートを落とし過ぎた銀行株などは依然買い戻しの過程にある。短期筋も値動きの良さに乗る形で買いを入れているようだ」(国内証券)との声が出ている。

<10:02>  日経平均は下げ転換、円安一服が重し

日経平均は下げ転換。1万7600円台前半で推移している。為替市場で1ドル108円割れと円安進行が一服しており、日本株の重しとなっている。

市場では「日経平均は今年7月以降、25日移動平均線とのかい離率がプラス3%前後になると短期的な天井を付けてきた。円安が止まれば高値警戒感から利益確定売りが出やすい」(国内証券)という。日経平均の25日移動平均線とのかい離率は14日時点でプラス3.15%となっている。

<09:10>  寄り付きの日経平均は続伸、円安好感で買い先行

寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比17円60銭高の1万7690円22銭と続伸して始まった。為替が1ドル108円台まで円安に振れたことを背景に輸出株などに買いが先行した。米金融株高が波及し銀行株もしっかり。ただ、短期的な上昇ピッチの速さには警戒感もあり、寄り後はやや上値が重くなっている。鉱業、鉄鋼、不動産が高い。半面、サービス、情報・通信はさえない。

<08:35>  寄り前の板状況、主力輸出株はまちまち

市場関係者によると、寄り前の板状況は、主力輸出株でトヨタ自動車 、ホンダ 、キヤノン はやや買い優勢。ソニー 、パナソニック は売り買い拮抗している。指数寄与度の大きいファーストリテイリング 、ファナック はいずれも売り買い拮抗している。

大手銀行株では、三菱UFJフィナンシャル・グループ 、三井住友フィナンシャルグループ が買い優勢。みずほフィナンシャルグループ は売り買い拮抗している。

(ロイター日本語ニュース 金融マーケットチーム E-mail:scoopeqt@thomsonreuters.com 電話:03-6441-1787)

関連データ:東証第1部出来高上位30銘柄,東証第1部値上がり率上位30銘柄,東証第1部値下がり率上位30銘柄,日経平均株価, TOPIX(東証株価指数),TOPIX CORE30,JPX日経インデックス400,日経ジャスダック平均株価,東証マザーズ指数,日経225先物<0#JNI:>,SGX日経225先物 <0#SSI:>,TOPIX先物<0#JTI:>,日経225オプション, 株式関連指標の索引ページ

関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)、ウォッチリストアクティビティはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl:/%2Fapps.cp./Apps/PULSE をクリック

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below