Reuters logo
上海外為市場=人民元、8年半ぶり安値
2016年11月21日 / 05:41 / 10ヶ月前

上海外為市場=人民元、8年半ぶり安値

[上海 21日 ロイター] - 21日の上海外国為替市場では、トランプ次期米大統領の財政支出拡大への期待を背景にしたドル高が続き、人民元の対ドル相場は8年半ぶり安値まで下落した。

中国人民銀行(中央銀行)が取引開始前に設定した基準値は1ドル=6.8985元(前日同値は6.8796元)で、12営業日連続の元安・ドル高。

直物相場は正午時点で6.8970元と、前日終値比0.0090元の元安。

市場では、中銀が元押し上げの介入を行うかが懸念されている。

OCBCバンク(シンガポール)のエコノミストは顧客向けノートで「中国がドル高の中で6.9元の水準を守るかどうかが今週の焦点だ」と語った。

当局はこれまでのところ、最近の元安進行に反応していない。しかし、心理的に重要な7元の水準を割り込み、資本流出が誘発されることへの懸念から、元安ペースを緩和させる準備はできている。

ドル指数は正午時点で101.34と、前週末に付けた2003年3月以来の高値、101.48に近い水準にある。 ある在上海の外資系銀行のトレーダーは「ドル指数は105まで上昇する。この水準を上抜ければ、元はさらに下落する」と予想した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below