Reuters logo
ポルトガル10年債利回り低下、中国復星の銀行出資で地合い改善
2016年11月21日 / 16:11 / 10ヶ月前

ポルトガル10年債利回り低下、中国復星の銀行出資で地合い改善

[ロンドン 21日 ロイター] - 21日の欧州金融市場で、ポルトガル10年債利回り が一時9カ月ぶりの高水準をつけた後、13ベーシスポイント(bp)低下して3.69%で推移した。

序盤の取引では、周辺国債券につられて利回りは上昇していた。

ただ、中国の複合企業、復星が、ポルトガルの銀行、ミレニアムBCP(BCP) 株16.7%を、1億7460万ユーロ(1億8500万ドル)で取得することで合意、将来的に出資比率を30%まで引き上げる方針も確認した。

この日、同行株価が上昇、債券市場の地合いが良くなった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below