Reuters logo
為替こうみる:ドル上昇は期待先行、けん制発言を警戒=みずほ銀 唐鎌氏
2016年11月24日 / 03:02 / 10ヶ月前

為替こうみる:ドル上昇は期待先行、けん制発言を警戒=みずほ銀 唐鎌氏

[東京 24日 ロイター] -

<みずほ銀行 チーフマーケット・エコノミスト 唐鎌大輔氏>

トランプ次期大統領の経済政策への期待先行で、ドル高・米金利高が続いている。トランプ氏が不在の相場で、同氏の発言が年明けまで出てこないであろうことを考えれば、年内でこの流れが止まる理由はない。年内に115円到達という可能性も否定できなくなった。

今後は、トランプ氏がドル高をどこまで容認できるかという点が注目される。同氏は環太平洋連携協定(TPP)からの離脱を通告する考えを示したが、これらは考えの一部としている。これを踏まえると、中国の為替操作国認定やNAFTA(北米自由貿易協定)からの離脱や再交渉があるかもしれない。

もともと保護主義的な姿勢が強いトランプ氏が、さらなるドル上昇を受け入れるどうかには強い疑問が残る。ドル相場に関してはすでに高い状態がさらに高い状態へ向かおうとしており、限界が近いことを意識しながらの上昇にならざるを得ないだろう。来年1月の就任以降はその一挙手一投足に神経質にならざるを得ず、必然的に上値は重くなる公算が大きい。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below