Reuters logo
UPDATE 1-〔需給情報〕海外勢が1兆円超の日本株買い越し、2年ぶり大きさ
2016年11月25日 / 07:31 / 10ヶ月前

UPDATE 1-〔需給情報〕海外勢が1兆円超の日本株買い越し、2年ぶり大きさ

(内容を追加し更新します。)
    [東京 25日 ロイター] - 11月第3週(11月14日─11月18日)の海
外投資家による日本の現物株と先物合計の売買は、1兆1810億円の買い越しとなった
。買い越し額の1兆円超えは2015年7月第3週以来、1年4カ月ぶり。買い越しの規
模は、日銀による追加緩和後となる14年11月第1週の2兆2263億円に次ぐ2年ぶ
りの大きさとなった。
    
    東京証券取引所がまとめた今年11月第3週の2市場投資部門別売買状況によると、
現物株で海外投資家は4903億円の買い越し。大阪取引所がまとめた同期間の先物・オ
プションの投資部門別取引状況では、指数先物(日経平均先物・TOPIX先物のラージ
・ミニ、JPX日経400先物、マザーズ指数先物の合計)で、海外投資家は6907億
円の買い越しとなった。
    
    米大統領選後となるこの週、日経平均 は週間で600円近く上昇。18日に
は取引時間中で1月7日以来、10カ月ぶりに節目の1万8000円台を回復した。
    
    みずほ証券シニアテクニカルアナリストの三浦豊氏は「『トランプノミクス』の期待
でダウ が急騰し円安が進んだ。円安の恩恵を受ける日本株に海外投資家の買いが入
った」と指摘。今後、海外投資家からの資金流入が持続するには「ダウの上昇と円安基調
が続くことが必要」とみる。 
    
    現物・先物合計ではこのほか、個人が4561億円の売り越し(前週は5263億円
の売り越し)となった。売り越しは2週連続。信託銀行は800億円の売り越し(同90
0億円の売り越し)と4週連続の売り越しとなった。 
    
    <海外投資家の売買推移(億円)>    
 2016年9月第1週             現物       先物          合計
 2016年9月第2週           -4,805     -2,386        -7,192
 2016年9月第3週           -1,019      1,380           361
 2016年9月第4週           -1,887     -3,418        -5,306
 2016年10月第1週           2,805      4,854         7,659
 2016年10月第2週           1,131        642         1,774
 2016年10月第3週             730      4,395         5,126
 2016年10月第4週              49      1,813         1,863
 2016年11月第1週            -645     -3,870        -4,515
 2016年11月第2週           4,006      2,221         6,228
 2016年11月第3週           4,903      6,907        11,810
 
    *東京証券取引所と大阪取引所の発表データは以下のURLでご覧ください。 
    
    here
    
  here

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below