Reuters logo
賃金・物価の伸び緩やか、ドル高製造業の重しに=米地区連銀報告
2016年11月30日 / 19:26 / 10ヶ月前

賃金・物価の伸び緩やか、ドル高製造業の重しに=米地区連銀報告

[ワシントン 30日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)は30日に公表した地区連銀経済報告(ベージュブック)で、10月と11月にかけて経済の拡大が継続したとの認識を示した。ただ賃金と物価の伸びは緩やかなものにとどまり、ドル高が製造業の重しとなっているとの認識も示した。

今回の報告では12の連銀のうち7連銀が労働市場の引き締まりを報告。ただ「過去4回の地区連銀経済報告と同様、賃金の伸びは全般的に緩やかなものだったと特徴付けられた」とした。

また、見通しはおおむね良好となっているものの、活動は地区によりまちまちとなっているとの認識も示された。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below