Reuters logo
ホットストック:SMC・日本電産が軟調、調査レポートが売り材料に
2016年12月13日 / 03:51 / 9ヶ月前

ホットストック:SMC・日本電産が軟調、調査レポートが売り材料に

[東京 13日 ロイター] - SMC と日本電産 が軟調。会計手法や成長性に疑問を示す調査レポートを嫌気した売りが出ている。ウェル・インベストメンツ・リサーチは、SMC株を「強い売り」と評価したレポートを13日付で公表。「疑わしい会計手法」に関する証拠を確認したとしたうえで、大幅な財務諸表の修正を予想している。SMCは同日、適正な会計処理を受けているとしたうえで、「当社の見解とは全く異なるもの」とするコメントを発表した。

またマディ・ウォーターズは12日付で、日本電産に関して「非現実的な経営目標を掲げて、目標達成から大幅に外れた結果を生み出している」と評したレポートを公表。M&A(企業の買収・合併)効果を除くと、継続事業の成長率は「ほぼゼロ」と指摘している。

SMCは一時10%超、日本電産は一時5%超の下げとなったが、売り一巡後は下げ渋っている。「市場の総意で決定した株価が、たった1社の見解で大きく振れるのは好ましくない。日本電産に関しては、M&Aの効果を含めて評価しなければ意味がない。今後、株価が堅調な銘柄ほど『空売りレポート』で値が崩される懸念が出てしまう」(国内証券)との声が出ている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below