Reuters logo
〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅縮小、銀行株はしっかり
2017年2月3日 / 02:20 / 8ヶ月前

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅縮小、銀行株はしっかり

[東京 3日 ロイター] -

  

<11:15> 日経平均は上げ幅縮小、銀行株はしっかり

日経平均は上げ幅縮小。前日終値付近の1万8900円前半まで下値を切り下げている。長期金利の上昇で、ドル/円が弱含みとなっていることが嫌気されている。半面、長期金利上昇による利ざや改善期待から銀行や保険など金融株の一角はしっかり。

市場からは「地合いは悪くないが決算発表もまだまだ控えており、全体相場を引き上げるだけの材料に乏しい」(国内証券)との声が聞かれた。

<10:26> 日経平均が1万9000円割れ、長期金利上昇による円高に反応

日経平均は上げ幅を縮小。1万9000円を再度下回った。円債市場で10年最長期国債利回りが一時0.150%に上昇し、昨年1月29日以来の水準を付けた。長期金利上昇に伴い、外為市場ではドル安/円高が進行。日本株の重しとなっている。

<10:02> 日経平均は上げ一服、買い戻し一巡後は様子見

日経平均は上げ一服、1万9030円付近で推移している。輸出株などの買い戻しが一巡し、様子見姿勢が広がっている。市場では「トランプ政権の外交、通商政策に不透明感が強い。企業決算は悪くないが、10日の日米首脳会談までは上値を買い上がりにくい」(国内証券)との声が出ている。

<09:15> 寄り付きの日経平均は反発、上げ幅は100円を超える

寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前日比82円16銭高の1万8996円74銭となり反発。その後、1万9000円台を回復し、上げ幅は100円を超えている。東証33業種中、空運を除く32業種が上昇しており、幅広い銘柄に買い戻しが先行している。非鉄金属、証券、その他製品が上昇率の上位に並んでいる。

<08:35>  寄り前の板状況、主力株は軒並み買い優勢

市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車 、ホンダ 、ソニー 、パナソニック が買い優勢、キヤノン が売り優勢となっている。

指数寄与度の大きいファーストリテイリング 、ファナック はともに買い優勢。

三菱UFJフィナンシャル・グループ 、三井住友フィナンシャルグループ 、みずほフィナンシャルグループ もそろって買い優勢となっている。

(ロイター日本語ニュース 金融マーケットチーム E-mail:scoopeqt@thomsonreuters.com 電話:03-6441-1787)

関連データ:東証第1部出来高上位30銘柄,東証第1部値上がり率上位30銘柄,東証第1部値下がり率上位30銘柄,日経平均株価, TOPIX(東証株価指数),TOPIX CORE30,JPX日経インデックス400,日経ジャスダック平均株価,東証マザーズ指数,日経225先物<0#JNI:>,SGX日経225先物 <0#SSI:>,TOPIX先物<0#JTI:>,日経225オプション, 株式関連指標の索引ページ

関連アプリ:インデックスムーバー(トムソン・ロイターEIKON検索ボックスで“IMO”と入力)、ウォッチリストアクティビティはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl:/%2Fapps.cp./Apps/PULSE をクリック

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below