Reuters logo
UPDATE 1-中国・香港株式市場・引け=中国下落、香港は4日続落 短期金利引き上げが重し
2017年2月3日 / 09:16 / 9ヶ月前

UPDATE 1-中国・香港株式市場・引け=中国下落、香港は4日続落 短期金利引き上げが重し

(香港市場のリポートを追加しました)
    [上海 3日 ロイター] -    
 中国                       終値    前日比        %      始値        高値        安値  売買代金概
                                                                                                 算
 上海総合指数            3,140.17  - 18.996    - 0.60  3,160.08  3,162.6771  3,136.0130  1078.4億元
                               00         0                 16                           
 前営業日終値(1月26日   3,159.16                                                        (上海A株
 )                            60                                                                )
 CSI300指数<.CSI3  3,365.11  - 22.843    - 0.67  3,390.93  3,392.477   3,362.565   
 00>                            8                            2                           
 前営業日終値(1月26日   3,387.96                                                        
 )                             1                                                        
    
 香港                        終値      前日比          %        始値          高値          安値  売買代金概算
 ハンセン指数            23,129.21     - 55.31      - 0.24  23,216.97     23,226.92     22,997.46    583.3億香港
                                                                                                            ドル
 前営業日終値            23,184.52                                                                              
 ハンセン中国株指数<.H    9,683.23     - 13.09      - 0.13   9,718.62      9,726.84      9,632.86               
 SCE>                                                                                               
 前営業日終値             9,696.32                                                                              
 
    休場明けの中国株式市場は下落して引けた。中国人民銀行(中央銀
行)による予想外の短期金利引き上げなどが重しとなった。
    上海総合指数 終値は18.9960ポイント(0.60%
)安の3140.1700。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成する
CSI300指数 終値は22.843ポイント(0.67%
)安の3365.118。
    中国人民銀行(中央銀行)はこの日、定例オペ(公開市場操作)を
行う際のリバースレポ金利を10ベーシスポイント(bp)引き上げた
。中国当局が今年「穏健かつ中立的」な金融政策を進めるとの見方が強
まっている。
    
    中国株式市場ではほぼすべてのセクターが値下がり。   
    中国出身の資産家で明天集団の経営者である肖建華氏が中国当局に
拉致された可能性があるとの報道を受け、明天集団の傘下企業が下落。
内蒙古西水創業 と包頭華資実業 はそれぞれ値幅
制限いっぱいの10%安。    
    
    香港市場は4日続落して引けた。中国で金融政策引き締めの兆候が
出ていることから、昨年末以来継続していた買いが失速しているもよう
だ。
    本土市場でのコモディティー価格の下落も投資家心理悪化につなが
り、香港市場で資源株が下落した。
    ハンセン指数 終値は55.31ポイント(0.24%)安の
2万3129.21。週間では1%下落した。
    ハンセン中国企業株指数(H株指数) 終値は13.09ポ
イント(0.13%)安の9683.23。週間では0.7%下落。
    第一上海証券(香港)のストラテジスト、Linus Yip氏は、トラン
プ米大統領が示した一連の政策により貿易や政治上の摩擦が広がるとの
懸念が出ており、投資家から自信を失わせているとコメント。「外敵環
境における不透明感が強く、投資家はリスク回避に動いている」と述べ
た。
    セクター別の値動きはまちまち。原材料株 は1%超下落し
た。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below