Reuters logo
米金融・債券市場=長短金利差拡大、低調な賃金の伸び受け利上げ観測後退
2017年2月3日 / 22:08 / 9ヶ月後

米金融・債券市場=長短金利差拡大、低調な賃金の伸び受け利上げ観測後退

[ニューヨーク 3日 ロイター] - 
                                米東部時間             価格             利回り  コード
 30年債(指標銘柄)             17時05分         95*24.50            3.0935%             
                              前営業日終値         95*31.00            3.0830%                   
 10年債(指標銘柄)              17時02分         95*31.00            2.4666%             
                              前営業日終値         95*30.00            2.4700%                   
 5年債(指標銘柄)               17時04分         99*26.50            1.9113%            
                              前営業日終値         99*25.25            1.9200%                   
 2年債(指標銘柄)               16時16分         99*27.25            1.2009%            
                              前営業日終値         99*27.00            1.2050%                   
                                    清算値         前日終値  コード
 Tボンド先物3月限               150*01.00        150*18.00         
 Tノート先物3月限               124*09.00        124*12.00         
    
    米金融・債券市場では、長短利回り格差が1カ月半ぶりの水準に拡大した。朝方発表
された1月の雇用統計で賃金の伸びが低調となり、近い将来の利上げにつながるようなペ
ースでインフレが上昇していないことが確認されたことが背景。    
    労働省が発表した1月の雇用統計は非農業部門雇用者数が22万7000人増と、4
カ月ぶりの大きな伸びとなる一方、時間当たり平均賃金の増加は前月比0.1%(0.0
3ドル)にとどまった。  
    BMOキャピタル・マーケッツ(ニューヨーク)の金利ストラテジスト、アーロン・
コーリ氏は「市場が失望したのは、連邦準備理事会(FRB)に行動を促す可能性のある
インフレ圧力をめぐる部分だった」としている。
    5年債と30年債の利回り格差 は120ベーシスポイント(bp)と
、12月14日以来の水準に拡大。金利上昇に敏感に反応しやすい5年債は雇用統計で支
援された一方、長期債は来週に控える一連の国債入札が重しとなった。財務省は来週、総
額620億ドルの3年債、10年債、30年債の入札を実施する。    
    ただ午後になってサンフランシスコ(SF)地区連銀のウィリアムズ総裁がブルーム
バーグテレビに対し、インフレ加速の兆候や労働市場の堅調さを踏まえるとFRBは今年
、財政政策の詳細を把握しなくても利上げの準備を整えられるとの認識を表明。同総裁の
タカ派的な発言を受け、雇用統計を受け上昇していた国債価格は上げ幅を縮小した。    
    終盤の取引で10年債 価格は6/32安、利回りは2.49%。利回り
は雇用統計を受け2.43%まで低下していた。
    FRBが1月31日─2月1日に開いた連邦公開市場委員会(FOMC)後に発表し
た声明が予想よりハト派的だったことで、次回3月の会合での利上げ観測は後退。この日
の雇用統計を受け利上げ観測は一段と後退した。    
    D・Aデビッドソンの債券トレーディング担当バイスプレジデント、メアリ・アン・
ハーレー氏は「FRBは賃金の伸びが軟調であることに大きく懸念してきた」とし、「今
回の雇用統計を受け3月の利上げの可能性はほぼなくなった」と述べた。
    CMEフェドウォッチによると、先物市場が織り込むFRBが3月に利上げを決定す
る確率は9%と、前日の18%から低下している。    
    FRB当局者ではこの日はウィリアムズ総裁のほか、シカゴ地区連銀のエバンズ総裁
の発言が伝わった。エバンズ総裁は講演で、トランプ新政権の財政政策で経済成長が持続
可能でない水準まで押し上げられる可能性があるものの、FRBは緩やかに金利を引き上
げていく必要があるとの考えを示した。    
    
    <ドル・スワップ・スプレッド>
                        LAST      Change
U.S. 2-year dollar swap spread            30.00      (unch)
U.S. 3-year dollar swap spread            24.25     (-0.25)
U.S. 5-year dollar swap spread             8.00     (+0.50)
U.S. 10-year dollar swap spread           -8.25     (+0.75)
U.S. 30-year dollar swap spread          -41.75     (+0.50)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below