Reuters logo
〔マーケットアイ〕外為:ドル一時111.88円、フィラデルフィア地区連銀総裁「3月の利上げは選択肢」
2017年2月6日 / 22:53 / 8ヶ月前

〔マーケットアイ〕外為:ドル一時111.88円、フィラデルフィア地区連銀総裁「3月の利上げは選択肢」

[東京 7日 ロイター] -

<07:51> ドル一時111.88円、フィラデルフィア地区連銀総裁「3月の利上げは選択肢」

ドルは111.80円付近。

米フィラデルフィア地区連銀のハーカー総裁は、3月の連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げは選択肢にあるとの見方を示した。    為替市場では、ハーカー総裁の発言が伝わった直後に111.88円まで小幅にドルが買い進まれた。

  同総裁は講演後に記者団に対し、「依然として年内3回の利上げを支持している。もちろん景気や財政政策の展開次第だが」と指摘。「3月は0.25%ポイントの追加利上げの可能性を検討することになると思う」と述べた。

 ハーカー総裁は今年のFOMCで投票権を持つ。

<07:35> ドル111.30─112.60円の見通し、欧州政治リスク意識され上値重い

ドル/円は111.85円付近、ユーロ/ドルは1.0748ドル付近、ユーロ/円は120.18円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が111.30―112.60円、ユーロ/ドルが1.0690─1.0810ドル、ユーロ/円が119.50―120.80円とみられている。

前日の海外市場では、フランスの大統領選をはじめ、欧州で今後相次ぐ国政選挙の先行き不透明感からユーロがドルに対して下落する一方で、リスク回避のセンチメントからドル/円では円が買い進まれ、ドルは一時111.63円と11月29日以来の安値をつけた。

この日の東京では「久々の111円台なので、国内輸入企業や機関投資家が動けば112円台を回復するだろう。ただ、市場では、トランプリスクのみならず欧州政治リスクも意識されているため、リスク回避のセンチメントに傾きやすく、ドル/円では上値の重さが意識されやすい」(外為アナリスト)という。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below