Reuters logo
〔マーケットアイ〕外為:ドル/円とユーロ/円は約2カ月ぶり安値圏での推移
2017年2月7日 / 01:39 / 8ヶ月前

〔マーケットアイ〕外為:ドル/円とユーロ/円は約2カ月ぶり安値圏での推移

[東京 7日 ロイター] -

<10:31> ドル/円とユーロ/円は約2カ月ぶり安値圏での推移      ドルは111.76円付近。一時111.59円と11月28日以来の安値をつけた。

ユーロは119.93円付近。前日の海外市場でつけた12月5日以来の安値119.97円を下回り、一時119.75円まで下落した。   日米首脳会談を控えたドル安警戒感と、欧州政治リスクが背景。   

フランス大統領選に出馬している中道・右派統一候補のフィヨン元首相(共和党)は6日、記者会見で妻の不正給与支給疑惑をめぐり、過去の行動を弁護すると同時に、大統領選から撤退しない方針を示した。

世耕弘成経済産業相は7日、閣議後の会見で、10日の日米首脳会談に、国会など諸般の事情が許せば同行し、経済通商関係のテーマでサポートしたいと述べた。

今回の会談では、日本の自動車は米国現地生産がかなりのウエートを占めることや、米国で雇用を創出していることなど「事実関係についてしっかり説明したい」と述べた。

日米2国間の貿易交渉を開始する可能性について聞かれ、同相は「TPP(環太平洋連携協定)の戦略的経済的意義について粘り強く説明する、というのが日米通商問題における日本のスタンスだ」と答えた。

<09:46> ドル111円後半、日米首脳会談後も円高圧力は残留か

ドルは111.64円付近。一時111.59円まで下落し、前日の安値を割り込んだ。

為替市場では週末の日米首脳会談が注目されているが、同会談を経た後も円高圧力が継続するとの見方は多い。

「米自動車メーカーの不満に応えるものは、日本側が首脳会談で提示するとされる経済協力パッケージには入っていない。結果的に、二国間のFTAで為替条項を盛り込むという90年代のような流れになりそうだ」とJPモルガン・チェース銀行の為替調査部長、棚瀬順哉氏は言う。

足元では、欧州政治の不安などを反映してリスク回避の流れになっている。

市場でリスク回避が広がった場合は、ドルと円が同時に買われる場合が多いが、今回は、米国のドル安志向が市場で意識される一方で、円買いは従来通りのパターンとなり、ドル/円の下値リスクを高めている、と同氏はみている。

短期筋の円ショートのポジションは市場にまだ残っているとされ、「その全てが巻き戻された場合は109円程度までの下押しもあり得る」と棚瀬氏は予想する。

<08:51> ドル111円後半、麻生財務相「為替はマーケットで決まる話」

ドルは111.82円付近。

麻生財務相は閣議後会見で「為替はマーケットで決まる話」と述べ、為替についてはコメントしないが安定が望ましい、とした。日銀の金融緩和策については、物価目標達成のためであって円安誘導目的ではない、と述べた。

また、今週末に予定される日米首脳会談では、双方の利益をめざし、建設的な議論を継続するのが望ましいと述べ、経済関係をさらに高めて協力していく、とした。

ドル/円相場は目立った反応を示していない。

<07:51> ドル一時111.88円、フィラデルフィア地区連銀総裁「3月の利上げは選択肢」

ドルは111.80円付近。

米フィラデルフィア地区連銀のハーカー総裁は、3月の連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げは選択肢にあるとの見方を示した。    為替市場では、ハーカー総裁の発言が伝わった直後に111.88円まで小幅にドルが買い進まれた。

  同総裁は講演後に記者団に対し、「依然として年内3回の利上げを支持している。もちろん景気や財政政策の展開次第だが」と指摘。「3月は0.25%ポイントの追加利上げの可能性を検討することになると思う」と述べた。

 ハーカー総裁は今年のFOMCで投票権を持つ。

<07:35> ドル111.30─112.60円の見通し、欧州政治リスク意識され上値重い

ドル/円は111.85円付近、ユーロ/ドルは1.0748ドル付近、ユーロ/円は120.18円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が111.30―112.60円、ユーロ/ドルが1.0690─1.0810ドル、ユーロ/円が119.50―120.80円とみられている。

前日の海外市場では、フランスの大統領選をはじめ、欧州で今後相次ぐ国政選挙の先行き不透明感からユーロがドルに対して下落する一方で、リスク回避のセンチメントからドル/円では円が買い進まれ、ドルは一時111.63円と11月29日以来の安値をつけた。

この日の東京では「久々の111円台なので、国内輸入企業や機関投資家が動けば112円台を回復するだろう。ただ、市場では、トランプリスクのみならず欧州政治リスクも意識されているため、リスク回避のセンチメントに傾きやすく、ドル/円では上値の重さが意識されやすい」(外為アナリスト)という。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below