Reuters logo
シドニー外為・債券市場=豪ドル反発、中銀が景気に明るい見方
2017年2月7日 / 05:59 / 7ヶ月前

シドニー外為・債券市場=豪ドル反発、中銀が景気に明るい見方

[シドニー/ウェリントン 7日 ロイター] - オセアニア外国為替市場で豪ドルが反発している。オーストラリア準備銀行(中央銀行、RBA)が経済成長とインフレについて明るい見方を示したことが支援材料となった。

豪ドル/米ドル は0.21%高の0.7676米ドル。一時0.7633米ドルまで下落していた。

豪中銀は7日の理事会で政策金利を予想どおり1.50%に据え置いたが、消費者物価指数は2017年中に2%を上回り、中銀の目標に到達するとの見通しを示した。

またロウ総裁は声明で「経済成長が今後数年間、3%前後になるとの中銀の中心シナリオは変わっていない」と指摘し、当面利下げが行われないことを示唆した。

アクシトレーダーの首席市場ストラテジスト、グレッグ・マッケナ氏は「豪中銀がインフレ見通しを維持しつつ成長加速を予想していることをロウ総裁はあらためて示した。非常に前向きだ」と指摘した。

豪ドルは対ユーロ でも0.6%、対ポンド では0.2%、対円 では0.3%上昇した。

ニュージーランド(NZ)ドル/米ドル は一時0.7%高の0.7375米ドルと12週間ぶりの高値をつけた。中銀の調査で企業経営者のインフレ率予想が上昇したことが明らかになった。

豪国債先物は上昇。3年物 は3ポイント高の98.05、10年債 は6.5ポイント高の97.27。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below