Reuters logo
UPDATE 1-シドニー株式市場・中盤=小幅続伸、金融株がけん引
2017年2月8日 / 02:48 / 8ヶ月前

UPDATE 1-シドニー株式市場・中盤=小幅続伸、金融株がけん引

 (内容を追加しました)
    [8日 ロイター] -       
 豪                         日本時間11時2分      前日比        %         始値
 S&P/ASX200指数<.          5,637.300    + 15.376    + 0.27    5,621.900
 AXJO>                                                             
 前営業日終値                     5,621.924                                   
    
    中盤のシドニー市場の株価は小幅続伸。米国株につれた。金融株の伸びが素材、エネ
ルギー関連株の下落をやや上回った。
    S&P/ASX200指数       は0126GMT(日本時間午前10時26分)
時点で、11.6ポイント(0.2%)高の5633.5。
    金融株は上伸し、前日の下落から値を戻した。四大銀行は0.2─0.7%高。市場
関係者は「昨日の政策金利発表を受けた小反発だ」と解説した。
    オーストラリア中銀は金利を史上最低の1.50%に据え置いた。
    製造業も上伸。建設会社CIMICグループが一時8.5%高で、上げを主
導した。同社は通年の純利益が予想を上回り、昨年比12%増となったと発表した。
    一方、素材株は下落。英豪資源大手BHPビリトンが一時1%安。世界最大
の銅鉱山であるチリ・エスコンディーダ鉱山でスト実施が決まったことが嫌気された。
    金相場下落を受けて金鉱株も下落し、ニュークレスト・マイニングが0.5
%安、エボリューション・マイニングが2.3%安。
    下落幅が最大だったのが公益事業株で、エネルギー大手オリジン・エナジー
が1.5%安。米国での原油在庫増を受けて供給過剰懸念が再燃し、原油相場は下落した
。
    その他のエネルギー株では、ビーチ・エナジーが約2%安、オイル・サーチ
が0.7%安。    
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below