Reuters logo
〔マーケットアイ〕外為:ドル一時114円台に上昇、1月30日以来2週間ぶり高値
2017年2月13日 / 00:07 / 7ヶ月前

〔マーケットアイ〕外為:ドル一時114円台に上昇、1月30日以来2週間ぶり高値

[東京 13日 ロイター] -

<9:05> ドル一時114円台に上昇、1月30日以来2週間ぶり高値

ドルは113.92円付近。ドル買い/円売りが優勢で、一時114.00円まで上昇、1月30日以来2週間ぶりの高値をつけた。10日の日米首脳会談で為替や通商問題で具体的な話は出てこなかったものの、「友好関係を深め、トランプ氏が日本を名指しで批判してくるリスクが後退したことがやや円売りの材料となっている」(国内証券)との声が出ていた。

午前8時50分に内閣府が発表した日本の2016年10─12月期実質国内総生産(GDP)は、前期比プラス0.2%、年率プラス1.0%だった。ロイターがまとめた市場予想をそれぞれ小幅に下回ったが、市場の反応は限定的だった。

<7:55> ドル112.90─114.20円の見通し、日米首脳会談を消化

ドル/円は113.67円付近、ユーロ/ドルは1.0628ドル付近、ユーロ/円は120.86円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が112.90─114.20円、ユーロ/ドルが 1.0580─1.0700ドル、ユーロ/円が120.00―121.30円とみられている。

ドルは113円半ばを中心にもみ合いそうだ。10日の日米首脳会談では、為替については両国の財務省トップを中心に議論を継続していくとし、共同会見でもトランプ氏は日本を名指しで通貨安誘導と批判することはなかった。市場からは「米国の株高や長期金利の持ち直しなど環境は悪くない。113円を割りこんでも、その後は持ち直しそうだ」(外為アナリスト)との見方が出ていた。

一方、「首脳会談は無難に通過したが、ドル/円の方向性を見出すための決め手にならなかった」(同)との評価もある。114円台に乗せていくには新たな材料が必要との声も聞かれた。

きょうは日本の2016年10─12月期実質国内総生産(GDP)の発表がある。ロイターがまとめた市場予想は前期比プラス0.3%、年率プラス1.1%となっている。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below