Reuters logo
上海外為市場=人民元下落、米税制改革期待のドル高基調継続
2017年2月13日 / 06:13 / 7ヶ月前

上海外為市場=人民元下落、米税制改革期待のドル高基調継続

[上海 13日 ロイター] - 13日の上海外国為替市場の人民元相場は、対ドルで下落。米国の税制改革期待から引き続きドルが堅調に推移した。

中国人民銀行(中央銀行)が寄り付き前に設定した元の基準値は、1ドル=6.8898元。約4週間ぶりの安値水準で、前週末の基準値比では0.0079元の元安・ドル高。

トランプ米大統領が9日に、2、3週間のうちに「驚くような」税制改革計画を明らかにすると述べたことで、ドルは前週終盤に上昇。なおもドルの下支えとなっている。

ドルは13日、2週間ぶりの高値まで上昇した。

OCBCバンクは13日のリポートで「トランプ氏が、ドル高要因とみられる国境税の調整を打ち出せば、元は対ドルで下落するリスクが高まりそうだ」と指摘した。

スポット市場では、トレーダーらによると、最近の上昇を受けた利益確定のドル売りが一部出て「バランスの取れた」形になったという。

スポット市場で元は、6.8910元で寄り付いた。中盤時点では前週末終盤比0.0074元の元安・ドル高の6.8849元で、この日の基準値比では0.07%の元高。

3月上旬の全国人民代表大会という大きな政治イベントを控えており、ディーラーは、それを前に元相場が大きく変動することはないだろうとみている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below