Reuters logo
東京マーケット・サマリー・最終(13日)
2017年2月13日 / 06:53 / 7ヶ月前

東京マーケット・サマリー・最終(13日)

    * 日本国概要はreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/CountryWeb/#/41/Overview
 をクリックしてご覧になれます。


  ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値
    
<外為市場>
                    ドル/円           ユーロ/ドル           ユーロ/円         
 午後5時現在        113.53/55          1.0641/45              120.82/86
 NY午後5時          113.23/25          1.0638/44              120.45/49
 
    午後5時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点に比べてドル高/円安の11
3円半ば。10日の日米首脳会談を無難に通過したことを好感し、 底堅い地合いとなった
。一時114円前半まで上昇した。ただ、一段高を促す材料には乏しく、午後は113円
後半でもみ合い、伸び悩んだ。夕刻に入って、さらに上値が重くなっている。

 レポート全文:

<株式市場>
 日経平均            19459.15円                 (80.22円高)
 安値─高値        19418.18円─19519.44円                        
 東証出来高          18億8056万株                                  
 東証売買代金        2兆2682億円                                   
 
    東京株式市場で日経平均は続伸した。10日の日米首脳会談では、米国側から円安を
けん制する姿勢などがみられず、無難通過となり市場に安心感が広がった。取引時間中と
しては1月5日以来、1カ月ぶりの水準となる1万9500円台を寄り付きで回復したが
、その後は戻り待ちの売りが出て伸び悩んだ。

    東証1部騰落数は、値上がり1444銘柄に対し、値下がりが436銘柄、変わらず
が121銘柄だった。
  
 レポート全文:

<短期金融市場> 17時06分現在
 無担保コール翌日物金利(速報ベー  -0.027%                                
 ス)                                                 
 ユーロ円金先(17年6月限)        99.940             (変わらず)
 安値─高値                       99.935─99.940                          
 3カ月物TB                      -0.225             (-0.009)
 安値─高値                       -0.225─-0.225                          
  
    無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.027%になっ
た。15日に準備預金の積み最終日を控えて、資金調達意欲がしっかりと示されており、
前週末とほぼ同水準での取引。レポ(現金担保付債券貸借取引)GCT+1レートはマイ
ナス0.076%とマイナス幅を拡大。TIBOR(東京銀行間取引金利)3カ月物は0
.056%と横ばい。業者間取引で3カ月物、6カ月物ともに国庫短期証券(TB)は強
含み。ユーロ円3カ月金利先物は小甘い。

 レポート全文:

<円債市場> 
 国債先物・17年3月限              149.85             (-0.07)
 安値─高値                       149.83─149.90                          
 10年長期金利(日本相互証券引け値  0.085%            (+0.005)
 )                                                   
 安値─高値                       0.090─0.090%                          
  
    長期国債先物は続落。前週末の海外市場で、1月米輸入物価指数が市場予想を上回っ
たことを材料に米債が下落した流れを引き継いだ。また、日米首脳会談を受けた週明けの
東京市場で、円安・株高方向に振れたことも上値を重くした。現物債は金利に上昇圧力が
かかったが、各年限ともに狭いレンジでの取引となった。あすの入札を控えた5年債は小
幅な調整がみられた。内閣府が発表した10─12月期実質国内総生産(GDP)は、前
期比プラス0.2%と市場予想(同プラス0.3%)を小幅下回ったが、材料視されなか
った。

 レポート全文:
<CDS市場>

    クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場で、指標のiTraxxJapa
nシリーズ26は今週、タイト化が優勢となる見通し。日米首脳会談が波乱なく終了した
ことで、日本株の下値不安が後退。米政権への期待とともに米株の堅調な地合いという流
れが見込まれており、日本株も追随して上昇する可能性がある。ただ、指数はすでに50
bp台前半というタイトな水準で推移しているため、小幅なタイト化にとどまりそうだ。

 レポート全文:      

<スワップ市場>   16時49分現在の気配
 2年物     0.09─-0.00
 3年物     0.11─0.01
 4年物     0.13─0.03
 5年物     0.16─0.06
 7年物     0.23─0.13
 10年物    0.34─0.24
 
 レポート全文:

    

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below