Reuters logo
UPDATE 2-EXCLUSIVE-米国はサウジ防衛で巨額失う=米大統領
2017年4月28日 / 02:49 / 5ヶ月前

UPDATE 2-EXCLUSIVE-米国はサウジ防衛で巨額失う=米大統領

(内容を追加しました)

[ワシントン 27日 ロイター] - トランプ米大統領は27日、サウジアラビアは米国を公平に扱っておらず、米国はサウジ防衛で「巨額」を失っているとの認識を示した。

ロイターとのインタビューで述べた。

「率直に言って、サウジは米国を公平に扱っていない。なぜなら、われわれはサウジの防衛で巨額の資金を失っているからだ」と語った。

5月後半のサウジとイスラエルの訪問について協議していることも確認した。大統領は5月25日にブリュッセルで開催される北大西洋条約機構(NATO)の首脳会議に出席する予定で、これに合わせた外遊の可能性がある。

トランプ氏は大統領選挙期間中も、サウジは米国による防衛に十分に報いようとしていないと批判していた。

また過激派組織「イスラム国」(IS)については「打倒すべき」と強調。

イスラム過激派打倒の最終段階について尋ねられると「屈辱とともに終わらせる。そうでなければ本当に厳しくなる。しかし終わりがやってくる」と述べた。戦略の詳細には言及しなかった。

イスラエルとパレスチナの対立については「平和を望んでいる。両者間で平和が成立しない理由はない」と述べた。

また、イスラエルを訪問する場合、エルサレムを首都として認めることを表明するのかとの質問には「1カ月したら質問してくれ」と述べるにとどめた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below