Reuters logo
UPDATE 1-中国・香港株式市場・引け=中国株は規制強化巡る懸念で下落、香港はしっかり
2017年5月2日 / 09:26 / 5ヶ月前

UPDATE 1-中国・香港株式市場・引け=中国株は規制強化巡る懸念で下落、香港はしっかり

 (香港市場の市況を追加しました)
    [2日 ロイター] - 
 中国                終値     前日比      %        始値        高値        安値  売買代金概
                                                                                           算
 上海総合指数<  3,143.7121  - 10.9463  - 0.35  3,147.2275  3,154.7812  3,136.5391  1762.3億元
 .SSEC>                                                                            
 前営業日終値   3,154.6584                                                         (上海A株
                                                                                           )
 CSI300    3,426.577   - 13.176  - 0.38  3,427.917   3,436.306   3,418.665   
 指数                                                                              
 前営業日終値    3,439.753                                                         
 香港                   終値    前日比        %       始値        高値        安値  売買代金概
                                                                                              算
 ハンセン指数<.HS   24,696.13   + 81.00    + 0.33  24,773.80  24,773.80   24,577.33    696.6億香
 I>                                                                                       港ドル
 前営業日終値       24,615.13                                                                   
 ハンセン中国株指   10,173.62   - 46.27    - 0.45  10,278.03  10,293.85   10,154.17             
 数                                                                                   
 前営業日終値       10,219.89                                                                   
 
    中国株式市場は下落。規制強化や予想を下回る経済指標を背景に投資家は様子見姿勢
を維持した。
    上海総合指数       の終値は10.9463ポイント(0.35%)安の3143
.7121。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数
の終値は13.176ポイント(0.38%)安の3426.577。
    
    中国国家統計局が30日発表した4月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は市場
予想を下回った。生産者物価が減速したことや、金融リスクを抑制しようとする当局の取
り組みが需要を圧迫したことが背景という。
    また、財新/マークイットが2日発表した4月の中国製造業PMIも内需と外需がと
もにさえず、7カ月ぶりの低水準となった。
    国都証券のアナリスト、肖世俊氏は、経済成長は投資家にとって主要な懸念要因とな
っていたため、製造業PMIがさえなかったことでセンチメントが悪化する可能性がある
と指摘した。
    新華社は1日、中国人民銀行(中央銀行)の調査部門責任者が、金融セクターの債務
を減らし、金融市場におけるシステミック・リスクを避けるために、中国は「適切なペー
ス」でのデレバレッジが必要との見方を示した、と報じた。
    UBS証券の中国戦略責任者、ガオ・ティン氏はリサーチノートで、金融規制の強化
は中長期的に市場のリスク志向を圧迫し続ける可能性があると述べた。
    ほとんどのセクターが下落。不動産株と銀行株の下げが目
立った。複数の銀行大手が発表した決算で利ザヤ縮小が明らかとなった。
    一方、中国・河北省で新設される経済特区「雄安新区」の恩恵を受けると期待される
銘柄は上昇。投機に対する規制緩和への期待から、複数の関連銘柄がストップ高となった
。
    
    香港市場は上昇した。米中製造業の景況感は予想よりも弱かったが、ハイテク企業の
決算への期待が高まったことや、北朝鮮をめぐる不安が後退したことが株価を押し上げた
。    
    ハンセン指数      終値は81.00ポイント(0.33%)高の24696.13
と終値ベースでは1年9か月ぶりの高値となった。2%上昇し上場来高値をつけたインタ
ーネットサービス大手、騰訊控股(テンセント・ホールディングス)がけん引
した。    
    ハンセン中国企業株指数(H株指数)終値は46.27ポイント(0.45
%)安の10173.62。中国当局による不動産市場の過熱抑制策により不動産会社の
業績が悪化する恐れがあるとの見方が背景にある。
    中国の景気腰折れ懸念で相場は上値の重い展開が続いているが、この日はハイテク株
が堅調で1.6%高となった。
    

    
 (ロイターデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below