Reuters logo
UPDATE 1-中国・香港株式市場・大引け=上海指数は横ばい、ハンセン指数は21カ月ぶり高値
2017年5月9日 / 08:53 / 4ヶ月前

UPDATE 1-中国・香港株式市場・大引け=上海指数は横ばい、ハンセン指数は21カ月ぶり高値

 (香港市場の市況を追加しました)
    [上海 9日 ロイター] - 
 中国                      終値     前日比         %        始値         高値         安値   売買代金概
                                                                                                       算
 上海総合指数<.SSEC   3,080.5269   + 1.9140     + 0.06  3,064.8484  3,084.2077   3,056.5580    1526.3億元
 >                                                                                            
 前営業日終値         3,078.6129                                                               (上海A株
                                                                                                       )
 CSI300指数<.    3,352.532    - 6.280     - 0.19  3,342.598    3,358.046    3,327.590   
 CSI300>                                                                                      
 前営業日終値          3,358.813                                                              
 香港                    終値     前日比         %       始値         高値         安値   売買代金概
                                                                                                    算
 ハンセン指数        24,889.03   + 311.12     + 1.27  24,656.95   24,889.83    24,548.97   710.5億香港
                                                                                                  ドル
 前営業日終値        24,577.91                                                                        
 ハンセン中国株指数  10,128.99   + 146.57     + 1.47  10,027.80   10,148.21     9,960.24              
                                                                                           
 前営業日終値         9,982.42                                                                        
 

    中国株式市場では上海株がマイナス圏から持ち直し、ほぼ横ばいで取引を終えた。ただ、金融規制強化をめぐる
懸念はくすぶっている。
    上海総合指数       終値は1.9140ポイント(0.06%)高の3080.5269。
    上海と深センの株式市場に上場する有力企業300銘柄で構成するCSI300指数         終値は6.280
ポイント(0.19%)安の3352.532。
    ハイテク株の比率の高い新興企業向け市場「創業板(チャイネクスト)」は一時27カ月ぶりの安値
を付けたが、0.8%高で引けた。
    新華社は、政府による金融リスクへの対策に関する論説を6日連続で掲載。金融規制の強化は投資家にとって大
きな懸念となっており、過度な締め付けにより国内経済の成長が阻害されることを不安視する向きが多い。
    今年秋に中国共産党第19回党大会を控え、政府は資産バブルやシステミックリスクを阻止するため不動産市場
などの規制を強化してきた。上海証券報によると、主要国有銀行は広州で住宅の初回購入者に対し住宅ローン金利を
引き上げた。
    方正証券のアナリスト、Yang Weixiao氏は「これらの金融リスクを低下させる規制は予想を超えているが、党大
会を前にベンチマーク指標が大きく下落する可能性は低い」と予想。前向きなカタリストがみられないため、短期的
に投資家の警戒姿勢は継続しそうだと付け加えた。
    薄商いの中、大半のセクターがほぼ変わらず。インフラ関連株とヘルスケア株が値を下
げた。
    
    香港株式市場は続伸し、ハンセン指数は21カ月ぶりの高値水準で引けた。資源株が急伸したほか、中国本土か
らの資金流入が続いた。ここのところ下げていた中国株が安定の兆候を見せたことも追い風となった。
    ハンセン指数終値は311.12ポイント(1.27%)高の2万4889.03。
    ハンセン中国企業株指数(H株指数)終値は146.57ポイント(1.47%)高の1万0128.9
9。
    上海・香港株式相互取引制度の下で、香港株への1日当たりの投資枠のうち約15%が利用された。
    エネルギー株が堅調な原油相場を受けて1.4%高。原材料関連株は2.1%高。

    
 (ロイターデータに基づく値です。前日比が一致しない場合があります)
 
 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below