Reuters logo
再送-為替こうみる:ドル下げやすい、米大統領巡るヘッドライン注意=バークレイズ証 門田氏
2017年5月18日 / 02:03 / 4ヶ月前

再送-為替こうみる:ドル下げやすい、米大統領巡るヘッドライン注意=バークレイズ証 門田氏

(記事検索コードを修正しました)

[東京 18日 ロイター] -

<バークレイズ証券 シニア為替・債券ストラテジスト 門田真一郎氏>

トランプ大統領の言動について、民主党議員が弾劾に言及したり、共和党内部でも批判的な発言が見られたりするようになってきた。トランプ政権の持続可能性や政策執行能力に対する疑問の高まりが「トランプトレード」の巻き戻しにつながっている。

弾劾は、米下院で過半数の同意をとり、上院で開く弾劾裁判で3分の2以上の賛成票を得る必要があるので、現実的にはハードルが高い。ただ、米議会が米連邦捜査局(FBI)のコミー前長官に公聴会出席を要請しており、引き続き、この問題に関するヘッドラインに振られやすい相場が続きそうだ。

ドル/円は、フランス大統領選の無難通過で買われた部分はあったが、そもそも米国の経済指標で予想下振れが増えたことや、グローバルで購買担当者景気指数(PMI)が低下傾向になるなど、ファンダメンタルズ的には下方向に加速しやすい環境だった。このトランプ氏を巡る問題がさらにこじれた場合、状況次第で年初来安値108.13円近辺への下落も否定できない。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below