Reuters logo
米FRB、債券買い入れ縮小に近づいている 今秋の開始望ましい=ダラス連銀総裁
2013年8月5日 / 15:47 / 4年前

米FRB、債券買い入れ縮小に近づいている 今秋の開始望ましい=ダラス連銀総裁

[ポートランド(米オレンゴン州)  5日 ロイター] - 米ダラス地区連銀のフィッシャー総裁は5日、米失業率が7.4%に低下したことを受けて、連邦準備理事会(FRB)は資産買い入れ縮小に近づいているとの認識を示した。また今秋の縮小開始が望ましいと述べた。

バーナンキ議長は6月、現在850億ドルのペースで進めている資産買い入れについて、年内に縮小を開始し、2014年半ばに買い入れを停止する青写真を示した。その上で、買い入れ停止時の失業率については7%程度を見込んでいると発言している。

総裁は講演原稿で「このように明確に道筋を示していることに加え、失業率が7.4%に低下したことから、米連邦公開市場委員会(FOMC)は実行モードに近づいたといえる。今後数カ月に景気の勢いをそぐようなことが起こらないとの見方を前提に、適切な縮小開始時期を探っている」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below