Reuters logo
上下双方向のリスクが顕在化する懸念あれば、ちゅうちょなく政策調整=黒田日銀総裁
2014年2月12日 / 05:17 / 4年前

上下双方向のリスクが顕在化する懸念あれば、ちゅうちょなく政策調整=黒田日銀総裁

[東京 12日 ロイター] - 黒田東彦日銀総裁は12日午後の衆議院予算委員会で、上下双方向のリスクが顕在化する懸念があれば、ちゅうちょなく政策調整するとの考えを示した。また、今後も異次元緩和をきちんと実行し、長期国債保有残高が年間50兆円増加するテンポで緩和を進めると語った。浅尾慶一郎委員(みんな)の質問に答えた。

 *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below